笑うことでストレスを軽減し、幸せになる効果があります。他にもメリットあり

昨今注目されているのが笑セラピー。
笑うことで溜まっていたストレスが軽減され、幸せに感じることができる効果が期待されています。そして笑には隠された効果がたくさんあります。

そこで今回は、笑うことがどんなメリットがあるかを紹介してゆきたいと思います。
単純に考えても、笑っているときは幸せだし、ポジティブですよね。
でも具体的にもいろいろ実証されているんです。
あなたも明日から今まで以上に笑ってください!
きっと幸せが舞い込んでくると思いますよ。

スポンサードリンク

笑うことで起こる良いこと。

ストレスを抱えていたり、何もかもがうまくいかないと感じたりするとき、つい忘れてしまいがちなのが笑顔。つらいときでも、笑いを楽しむことはできます。 どんな状況に直面していても仕事や家事に追われていて も、人間関係のもつれと戦っていても、大きな悲しみを背負っていても、笑うことでそれに見合う効果が得られます。

ストレスをためているときや悲しいときには、そんなこと、とてもやっていられないと感じるかもしれません。
ところが、研究の結果によると、ちょっとほほえむだけで心や身体の状態、それに全体の見通しも良くなるのです。 まず、笑いには心拍数を下げ、ストレスレベルを下げる働きがあります。カンザス大学のタラ・クラフトとサラ・プレスマンがおこなった研究では、たとえ作り笑いでも、ストレスの多い仕事をしながら笑うようにすると、ほかの被験者と比べてストレスからの回復時の心拍数が低くなることがわかっています。
作り笑いでもOKなんですね(^^)それならずっと笑っていましょっか笑

笑うことは気分にも大きな影響を及ぼします。笑うとエンドルフィンが分泌され、それが脊椎を通って、体じゅうに良い気持ちだと感じさせる信号を送ります。こうした神経伝達化学物質には、心と身体の痛みの症状を軽くする働きがあるのです。

アメリカの心理学者トムキンスの立てた顔面フィードバック仮説によれば、たとえ作り笑いであっても、笑うことで気が楽になり、気分も良くなるそうです。
笑えば笑うほど、前向きで幸せな気持ちになるのです。同様に、暗い顔やしかめっ面をすることを減らせば、それだけ消極的な気持ちや悲しみを軽くすることができます。
しかも笑いには伝染性があるので、笑った本人だけでなく、ほかの人をも幸せにしてくれます。 笑いは全身に効く自然の「薬」です。 笑うことで気分も見た目も良くなり、素敵に年を重ねていくことができるのです。

スポンサードリンク

具体的に「笑い」を取り入れる。

思わず笑顔が浮かぶキューを決めて一日じゅう笑っていられる作戦として、ペットの写真を飾っておく、前向きなメッセー ジやゆかいな動画を見る等、毎日たくさん笑っていられる環境を整えましょう。
悲しくなったら口角を上げる 悲観的な気持ちになり始めたら、とにかく前向きにとらえるようにしましょう。通勤途中で電車に乗り遅れたら、まず笑顔。忙しい1日が始まる前に 一息入れる時間ができた、というふうに前向きに考えましょう。

最高の笑顔を引き出す子どもやペット

子どもやペットはわたしたちから自然な笑いを誘います。身近にいなければ、子どもたちや動物ともっとふれ合える方法を探しましょう。ペットショップに行ってもいいです
テレビの司会者になりきってみたら 「テレビでモーニングショーやバラエティ番組を見ていると、多くのキャスターや司会者が絶え間なく笑みを浮かべていることに気がつきます。こうしたテレビの司会者になったつもりで、いつも感じの良い笑顔で話しましょう。

誰でも笑顔美人に

笑顔には2種類あります。ひとつは自然に生まれる本物の笑いで、目尻の筋肉が縮みます(「デュシェンヌ・スマイル(本物の笑顔)」としても知られています)。もうひとつは 作り笑いです。ほとんどの人はこのふたつの笑いを見分けることができます。練習を積むと笑いはどんどん大きく自然になるので、白い歯を見せただけで笑顔が伝わるようになります。

時には声を上げて大笑いしてみて

声を上げて笑うことは微笑よりもっと強力です。不安や恐れが和らぎ、気分や見通しが明るくなり、難しい状況や失望にも対応しやすくなります。また、怒りや恨み、不安など のネガティブな気持ちから気をそらし、もっと前向きな気持ちに目を向けることができる ようになるのです。----ブレット・ブルーメンソール----

スポンサードリンク

まとめ

笑うという行為自体がポジティブなので、笑うことで人は今、いい状態になると勘違いする作用もあると思います、口角を上げることで医学的にもよいとされています。
笑えなくても、口角をあげただけでいいということなら、一日中作り笑いをしていましょう。

早い笑う門にも福来るなんですね。

あわせて読みたい記事↓

音楽を毎日聴いている人は当たり前のように聴いているけど、聴いていない人はまったく聴いていない。私も以前まではまったく聴いていない派で...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする