芸能

V6はどうして解散するのか?仲が悪いという説もあり!なぜ森田剛はジャニーズ退所希望?その理由。

ジャニーズの人気グループがまたひとつ解散する。今度はV6だ!
2021年11月1日をもって活動を終了すると発表された。

いったい彼らに何があったのか。
グループにはいろいろな疑惑が湧くのは付き物で、V6にも仲が悪いといううわさも流れていた。

森田剛がジャニーズを離れて芝居に専念したいということも要因のひとつとされる。
今後、それぞれがソロとして活動していくわけであるが、先行きが明るいのは一部だけか。

スポンサードリンク

V6はどうして解散するのか徹底分析

解散と聞いて、すぐに知りたいのはやっぱりその理由である。
まずこの解散が臭い始めたのは、森田剛の「これからの人生、ジャニーズ事務所を離れた環境で役者としてチャレンジしたい」という発言である。

しかしこの発言に対して否定的なメンバーにいなかったという。
全員が40歳を迎え、今後の人生を考えることが増え、自分たちV6のエンターテインメントに納得し次のステップを考えたという。

スポンサードリンク
V6は6人だからV6という気持ちは全員が一致していたという。

つまり、きっかけは森田剛の「ジャニーズ事務所を離れ役者に絞る発言」であり、それぞれが次のステップを考えた結果、解散がベストと思い決められたことであった。

それぞれの道と森田剛がジャニーズを退所の理由

森田剛以外の、坂本昌行、長野博、井ノ原快彦、三宅健、岡田准一はそのままジャニーズに残りソロで活動し、森田剛のみジャニーズを退所する。

ジャニーズにいてもソロで活動することはできるのに、なぜ森田剛は退所を選んだのか分析してみた。

今、ジャニーズは過渡期にきている。
そしてchangeの時期にきている。

ジャニーズ離れやNHKの紅白との問題など、絶対的な地位ではなくなり、滝沢副社長もジャニーズJrに年齢制限も設けるなど、試行錯誤中。

そしてジャニーズの不祥事も目立った。
近藤真彦の不倫、山口達也のわいせつ、Snowman岩本照の未成年女性との飲酒、そしてKAT-TUNの飲酒騒動などなど。

スポンサードリンク
もはやジャニーズは失墜したと言っていいほどのていたらくぶり。

森田剛はそんなジャニーズに嫌気がさしたのだろう。昔はジャニーズという肩書で仕事をさせてもらっていた立場だが今は、そのジャニーズが足を引っ張る形となった。

今どれだけ森田剛がテレビに出演しているかと言えば疑問は残るが、沈む船からは早めの脱出を考えたとしてもなんらおかしくない。

不仲説の検証

V6のはっきりとした不仲説は浮上していないが、逆に仲がいいという話もない。

今、彼らの仕事はそれぞれ違う道を歩んでいると言っていいだろう。
一番目立っており、解散後も安泰なので、岡田准一である。

俳優としての評価が高く、ほぼ主演を務めている。
引っ張りだこの人気俳優と言ってよい。

そして井ノ原快彦は、司会者、MCのイメージが強い。
つまり完全にその分野での成功者と言ってよい。落ち着いた口調とほっとする人柄でお茶の間でも人気のMCと言ってよい。

坂本昌行、長野博は舞台で活躍し、森田も基本舞台で、三宅健だけが若干露出が少ないイメージがある。

つまりそれぞれに格差がはっきりとついてしまった。
その格差の中で仲良くグループというのも難しいだろう。
当然、それぞれがプライドをもってここまでやってきた成功者だから。

まとめ

SMAPに続いてV6も解散となってしまった。
TOKIOだけは解散してほしくないと思いつつ、すでに山口達也が離脱していることを考えると、現状のジャニーズの状況が思わしくないとどうしても想像してしまう。

解散は当事者が決めることであるが、人々に夢と希望を与え続けてほしい。

あわせて読みたい記事↓

マッチはなぜ今このタイミングで退所届けを申し入れたのか。レースは継続。ジャニーズの最年長と言えば、かつて人気を博したマッチこと近藤真彦(56)である。 歌手デビュー40周年のメモリアルであったが自身の不倫...
ジャニーズJr(ジュニア)年齢制限は【タッキーの決断?】オーバーした人はどうなる?契約解除?グループに所属できなかったら?ジャニーズ事務所は2021年1月16日に、ジャニーズJr(ジュニア)は22歳で活動終了するという制度を導入したことを発表しました。 そ...