How to

運動してパニック障害、うつを【完治させよう!】自力で改善!運動はなぜ健康になるの?その理由がすごい!

運動することでやっかいなパニック障害、うつを完治させよう!
運動には様々な効果が期待されており、精神疾患、自律神経の病気に大きな効果が期待されている。自力で改善をめざしましょう!

運動でなぜ健康になれるか?その理由も解説してゆきます。

スポンサードリンク

運動してパニック障害、うつを完治させよう!自力で改善!

パニック障害やうつを改善するには、様々な対処をしていかなくてはならないです。
そこでまず第一の改善策として脳の安心物質である「セロトニン」を分泌させましょう!

運動することで脳内からセロトニンが分泌されますので、効率よく運動することがよく、無理はせず、大きなストレス・負荷をかけないで、歩いたり、軽いジョギングをしましょう!

そして、これらの病気は、リズムを刻むということも効果があると言われています。
このリズムを刻むので最も効率のよい運動はウォーキングです。

歩くことで一定のリズムを刻むため、脳に優しい運動と言っていいです。

それでは、運動がどれだけ健康にいいかここから解説してゆきます。

運動はなぜ健康になるの?その理由がすごい!

20世紀になるまで、ほとんどの人はかなり活動的な暮らしをしていました。

頻繁に歩き、機械ではなく人間の力を使い、手作業に頼った生活をしていました。 「今日では、技術の発達や現代の発明品のせいで、わたしたちの活動レベルは格段に下がっています。

いつも座ってばかりいるようになり、祖先がしていた活動のほんの一部をするにも、ランニングマシンやダンベルに頼っている始末です。

定期的な運動が健康に効果的だということは誰もが知っていますね。運動は健康的な体重を維持し、体脂肪を減らし、心拍数や酸素摂取量を増やすことによって心肺機能を高めます。また、活動し続けていると、精神衛生にもかなり大きな効果があります。

スポンサードリンク
定期的な運動は気分を良くし、不安や落ち込みを和らげ、ストレスを解消し、記憶力の向上にもつながるのです。

「ランナーズ・ハイ」は、運動中あるいは運動直後の、脳内におけるエンドルフィン化学物質あるいは神経伝達物質の放出と関係があります。

エンドルフィンには気持ちを高め、精神衛生に良い影響を与え、幸福度を上げる働きがあります。あなたがほかのタイプの運動が好きだとしても心配はいりません。

エンドルフィンはどんな身体活動をしても放出されます。

また、身体活動にはコルチゾールやアドレナリンなどのストレスホルモンのレベルを下げる効果があります。その結果、自然に気分転換ができ、日常生活にありがちな心配事やストレスから脱し、よりおだやかで明確な考え方を持ち続ける助けになります。

「実は知力にも大きな影響が出ます。有酸素運動は、脳やほかの器官内の細胞を含むすべての細胞への酸素供給量を増やしますが、この増加は、脳機能、記憶力、集中力にとって極めて重要なのです。

研究によると、毎日ほんの5分間身体活動をした子どもは、集中力や記憶力、授業態度が良くなり、授業を1コマ余分に受けた生徒と比べた場合、特に違いがはっきり見られたそうです。

こうした認知機能の向上は大人にも当てはまります。週に最低でも3回、6分間歩いた高齢者は、ストレッチをしただけの高齢者と比べて、心理テストで良い結果が出ています。

スポンサードリンク

デスクワークは活動的に

おすすめなのが、座ってする行動を運動に変えることです。

テレビを観るときに、掃除をしながら観るようにすれば、もっと活動的になりますね。仕事や電話を立ってしたりするのもおすすめです。エレベーターやエスカレーターではなく、階段を使うようにしましょう。

歩く・歩く・歩く!

「生活に運動を取り入れるのに、最も簡単で効果のある方法のひとつが歩くことです。通勤・通学にできるだけ歩くという習慣を取り入れましょう。

スポンサードリンク

便利なテクノロジーをフル活用

毎日の運動を記録しましょう。

一般的な歩数計があれば毎日歩いた距離を知ることができます。消費カロリー、睡眠時間や睡眠の質、上った階段の段数など役立つ数値を記録してくれる機器もあります。最近はスマートフォンのアプリが便利ですね。

好きな運動をするのがベスト

運動を楽しむ一番良い方法は楽しめることをすることです。

好きではないのに、無理やり走ってもどこにもたどり着くことはできませんからね。
運動には午前中がぴったり 「多くの人にとっては、怠ける言い訳のない午前中の方が楽に運動できます。一方、1日の終わりだと、疲れ切ってしまったとか、残業しなければならないとか、顧客との食事があるなど、多くの言い訳が入り込んできます。

実は出会いの場かも

ウォーキング、ハイキング、ランニング、エアロビクスのクラス、サイクリングを友人と一緒に楽しみましょう。トレーニング友だちを選ぶときにひとつだけ気をつけたいのは、自分と同じくらい運動に熱心な人を選ぶことです。

レースに参加してみたら

やる気を保ち続ける方法として、レースやイベントに参加することをおすすめします。 走るのが好きなら、5キロや10キロ走、マラソンへの参加を検討してみましょう。サイクリングや水泳が好きなら、そうした運動が入ったレースを探しましょう。

あわせて読みたい記事↓

ウォーキングで体づくり!理想の体型を作る。簡単な方法で好みのスタイルへ!体型を改善したい。理想のスタイルになりたい。 そんな思いを抱いている人はたくさんいるはずです。 実はそれってそれほど難しいことで...
RIKACO(リカコ)のめまいは「うつ」「パニック障害」の可能性も!自律神経の病気は続く。タレントのRIKACO(リカコ)(54)がこの10年の精神的ストレスや闘病について語った。自律神経の乱れにより、めまいが激しかったという...
野菜、果物でフリーラジカル撃退!ファイトニュートリエント&リコピンで健康維持!野菜と果物で健康維持が一番! (希少植物性活性化栄養素)ファイトニュートリエントやリコピン摂取でフリーラジカルをやっつけましょう! ...
お茶は抗不安作用、脳機能を高め脳卒中、認知機能障害の防止に!老化防止はもちろんアルツハイマー病やパーキンソン病にも!お茶はなぜ体にいいのか?お茶は抗不安作用、脳機能を高め脳卒中、認知機能障害の防止に!老化防止はもちろんアルツハイマー病やパーキンソン病にも効果が期待されています。その理由がすごい!効果・効能を分析しました!健康維持に!お茶は交感神経を刺激せずにカフェインを摂取できるというミラクルな飲み物なのである!...

あなたにおすすめの外部記事↓

運動の9つのメリット!デメリットを克服して良い効果をたくさん手に入れよう!|ふとめも (men-produce.com)