暮らし

豊田真由子が東京五輪会長候補!?誰がツイート?うそ・冗談?馬鹿げたネット投稿!

東京五輪・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長(83)の辞任にあたり、次期会長の候補が次々の上がる中、ネット上で元自民党で政策秘書へのパワハラが問題となって離党した豊田真由子(46)の名前が挙がっている。

一体現実味はありなのかなしなのか。馬鹿げた話なのか。

スポンサードリンク

豊田真由子、東京五輪組織委員会会長?!それほど今、五輪は揺れている。

ネット上で次期東京五輪組織委員会会長を豊田真由子を押す投稿がされたのち、多くのツイートがされ、一時はトレンド入りしたほどだ。誰が発信したツイートかは発表されていない。

華麗なる経歴を持っており、騒動後は衆院選に落選したものの、テレビなどでは的確な発言で印象が少しづつ回復してきているのは事実。

しかし現実的に、ネガティブなイメージをぬぐい切れていない豊田真由子というのはジョークと言っていいだろう。

ただそんな投稿に対して、今の状況から「まだ豊田真由子の方がマシ!」などのコメントが多数寄せられている。それほど森発言後の信用がなくなっている裏返しでもある。

スポンサードリンク
本名:豊田真由子
生年月日:1974年10月10日(46歳)
出身:千葉県船橋市
最終学歴:東京大学法学部卒業→(ハーバード大学大学院修了)
前職:厚生労働省老健局課長補佐
現職:社会福祉法人職員、コメンテーター

このツイートは馬鹿げてる?!現状への皮肉?

このツイートは果たして馬鹿げているのか?ある意味で現状への皮肉か。

まず普通に考えて豊田真由子が五輪会長なんかありえない。
しかし、そんないわばくだらないツイートに対して、多くの「賛成」が寄せられている。

日本の政治家のいい加減さに加え、日本国民の駄目さも露呈したという意見もある。

もちろんそんないい加減な発言はしない方がいいのだが、現状適任という人物がいない。
そんな踏んだり蹴ったりの東京五輪の運営に多くの国民があきれており、「それならまだ豊田真由子の方がいい」という皮肉でもある。

スポンサードリンク

まとめ

コロナで開催が危ういと言われていた時よりもはるかに絶望を感じてしまう。
五輪の意義や意味、平和の祭典なのに、今は日本の文化の恥を世界中に広めているような超ネガティブなものとなっている。

ドタバタが凄すぎて、もはや完全に日本の恥となっている。

果たして東京五輪は無事に開催されるのか。本当に不安がいっぱいである。

あわせて読みたい記事↓

山尾志桜里の不倫騒動から見る性格。政治家としての能力は?不倫相手の元妻の自殺の影響は?4年前に不倫騒動で一躍時の人となった国民民主党の山尾志桜里衆院議員(46)。 そんな山尾氏の不倫相手である倉持麟太郎弁護士(38)の元...
東京オリンピック開催確率は?五輪は中止の可能性は?無観客もあり。2021年の東京オリンピックの開催確率はいったいどのくらいのものであろうか?五輪が中止の可能性も十分に考えることができる。観客に関しても満員かも、無観客の可能性だってある。ワクチンの開発が順調であるため是非、開催は期待しているが、中止の可能性も十分にある。...