芸能

土岐英史の死因は肺がん?病気でもサックスライブで人気!画像やプロフィール

ジャズファンには本当に悲しいニュースとなりました。
人気ジャズサックス奏者の土岐英史さんが享年71歳でこの世を去りました。

人気で多くの人から愛された土岐英史さんはどのような人だったのでしょうか。
死因や人気だったサックスライブ、画像など調べてみました。

スポンサードリンク

土岐英史さんは病気だったのか。死因はいったい?

このニュースは現状大きく取り上げられておらず、詳しい死因は公表されていません。

しかし土岐英史さんは肺がんを患っており、一時は持ち直したということですが、2021年に入って体調を崩していたということなので、死因は肺がんの可能性が高いと思います。

ブルース歌手の近藤房之助さんのツイッターでは「シュアなサックス吹き、土岐さんが亡くなった。」とツイートをしている。

葬儀は家族葬で執り行う予定ということです。

スポンサードリンク

肺がんとは、
気管支や肺をおおっている上皮細胞から発生するがんのことで、進行するとリンパ節や反対側の肺、骨などにも移転しやすくなってしまいます。

肺がんは、日本では1年間に約125,000人が診断されており、60歳ごろから急激に増加しはじめ、男性に多い傾向があると言われていますが、男女ともに4番目に多いがんが肺がんになります。

土岐英史はサックス奏者でライブは大盛況!

基本はライブハウスでの活動が多く、全国にもファンがたくさんいます。

さらに、土岐英史さんは、「クリスマス・イブ」や「僕らの夏の夢」などで知られるミュージシャン・山下達郎さんのバッキング・メンバーの一人としても有名で、1977年~2011年まで山下達郎さんのツアーに参加されていました。

アルトサックスとソプラノサックスを専門に演奏しておりジャズ、フュージョン、R&B、ジャパニーズポップスなどの幅広いジャンルで活躍していました。

プロフィール

名前:土岐英史(とき ひでふみ)
生年月日:1950年2月1日
出身:兵庫県神戸市
職業:ジャズサックス奏者
※歌手の土岐麻子は長女。

スポンサードリンク

まとめ

本当に残念としか言いようがありません。
数々の舞台で活躍し、本当によい音楽を残してきた人だったので。

彼の意志を引きづく人もたくさんいるようなので、その方々に今後の活躍を期待したいと思います。

いつの世も素敵な音楽があるから、癒しであったり元気の素であったり、人の心に大きな力を与えてくれていたと思います。

先人が生み出したよい音楽を今後も残していけたらうれしいです。

ご冥福をお祈りいたします。

あわせて読みたい記事↓

かじゅ魔の【死因】は自殺か薬物依存?リストカットも複数回。プロフィール、インスタ顔画像あり若者のカリスマでもあった元読モでWEGOの店員の大高和真さんが亡くなっていたことがわかりました。 大高さんは" かじゅ魔"のニックネー...