How to

お茶は抗不安作用、脳機能を高め脳卒中、認知機能障害の防止に!老化防止はもちろんアルツハイマー病やパーキンソン病にも!

お茶人気が世界中で広がっています。空前のお茶ブームと言っていいですね!
その一番大きな理由が、健康面でしょう。
お茶は特に脳への効果が期待されており、これからの高齢化社会にも大きな影響を与えてゆきそうな食材として注目されています。

お茶の効能は万能と言ってよい。

お茶には抗不安作用、脳機能を改善、脳卒中や認知機能障害の防止効果もあり、老化防止はもちろんアルツハイマー病やパーキンソン病にも効果が期待されています。

こんなに幅広く効能が期待される食材はあまりない!
是非、今後お茶を飲んで頂きたい。

では詳しく説明してゆきます。

 

スポンサードリンク
 

コーヒーより緑茶を飲む

アジアの人々は何世紀にもわたって緑茶を飲んできました。
近年では西洋においても緑茶の人気が増していますが、それには十分な根拠があります。緑茶は頭や体、そして心に、驚くほどの効用があるのです。

植物化学物質を多く含む緑茶には老化防止の働きがあり、アルツハイマー病やパーキンソン病などの神経変性病のリスクの低下に関係があるとされてきました。

研究結果によると、緑茶に含まれるポリフェノールは没食子酸エピガロカテキン(EGCG)とも 呼ばれ、学習や記憶をつかさどる海馬の神経新生を高める作用があるそうです。

また、緑茶に含まれるタンニンのひとつガロタンニンには、脳卒中やそのほかの外傷による脳の損傷を防ぐ働きがあります。

70歳以上の日本人1000人を対象にした研究では、緑茶を多く飲む人の場合、認知機能障害の罹患率が低くなるという結果も出ています。

緑茶にはストレスを和らげる働きもあると考えられています。日本で行われた研究では、緑茶の摂取量と心理的苦痛には逆比例の関係があることがわかっています。

スポンサードリンク
さらに、緑茶に含まれるポリフェノールには、気分高揚作用のある化合物であるドーパミンの濃度を上げる働きがあります。それどころか、緑茶を読むことによって、うつ病の症状に苦しむ人にプラスの効果が現れるという調査結果も出ているのです。

集中力や生産性を高めたいときには、緑茶は完璧な解決策になります。 緑茶には刺激性のあるカフェインが含まれていますが、普通のコーヒー1杯に含まれるカフェインよりもかなり量が少ないため、コーヒーを飲みすぎたときによく現れる神経過敏の症状に苦しむこともありません。

すばらしいことに緑茶には抗不安作用があり、精神的敏捷性や注意力の強化と結びつけられるLIテアミンという独特のアミノ酸にあります。

カフェインとLIテアミンの両方を含む緑茶には、特に脳機能を高める効果があるのです。

量はどのくらい?

緑茶はまったく飲まないより飲んだ方が良いのですが、理想としては最低でも1日2、 3杯は飲むべきです。日本で行われた研究結果によると、毎日緑茶を最低2杯飲んでいる人は、認知機能障害を示す可能性が5パーセント低くなるそうです。

カフェインを減らす効果が

コーヒーを飲みなれているのなら、毎日1杯を緑茶に替えてみましょう。朝のコーヒー をやめるのがつらいと思ったときには、緑茶には神経過敏を引き起こさずにカフェインを摂取できるメリットがあることを思い出して。

さらに、緑茶は集中力を高めてくれるので、気持ちよく仕事を始めるのに完璧な飲み物なのです。

スポンサードリンク

1日を通して楽しんで

普通に淹れたコーヒーの場合、約240ミリリットルあたりだいたい5~200ミリグラムのカフェインが含まれます。

ところが、緑茶は約240ミリリットルあたり4~10ミリグラムしかカフェインを含みません。ですから、緑茶であれば、カフェインのとりすぎを心配せずに、コーヒーよりもたくさん飲むことができるのです。ただし、カフェインに敏感な体質の人は、睡眠パターンを乱さないように、就寝前は緑茶を飲むのを避けた方がいいでしょう。

抹茶を試してみましょう

抹茶は緑茶の茶葉全体を細かく砕いて粉にしたものです。普通の緑茶と異なり、抹茶の場合は茶葉から抽出した液だけでなく茶葉そのものを摂取することになります。

抹茶を支持する人たちによると、食物繊維を多く含むなど、抹茶は緑茶に比べてはるかにメリットが多いそうです。

「抹茶の伝統的な作法では、細かい粉に湯を注ぎ、すばやく泡立て、粉が下に沈む前に飲みます。このほか、抹茶を使ってラテやスムージー、自家製の抹茶アイスクリームを作ることもできます。

あわせて読みたい記事↓

アロマは心の状態、認知機能の向上、交感神経活性の抑制、不眠改善、ストレス、不安感、攻撃性を減らします。アロマは心の状態、認知機能の向上、交感神経活性の抑制、不眠改善、ストレス、不安感、攻撃性を減らします。ではなぜリラックスできるのか?その理由は。どうして落ち着くのか?日々の暮らしの中に匂いを取り入れて健康でリラックスした日常を送りましょう!...

あなたにおすすめの外部記事↓

お茶(緑茶)の成分と効果・効能|お茶の成分と健康性|お茶百科 (ocha.tv)

お茶の効能・効果《お茶のみ女子大学》 (minorien.jp)