うまく人を頼ること。ひとりで頑張らず信頼できる人に助けを求め!

実は結構難しい人に頼るということ。
人に頼りづらい理由にもいろいろあります。頼るというのは、言い換えるならお願いするという意味にもなるため、人にお願いするということを遠慮してできないことがあります。
もしくは借りを作りたくない。自分だけで乗り越えたいなどなど、、、。いろいろな理由があると思います。

そして逆を言うと、自分だ出来る人間だと思っていて、他の人には任せられないという人もいるでしょう。人に頼むと失敗するからいやだとか。
でも、自分だけで解決できればそれでよいのですが、人の力があってこそ解決することもたくさんあります。そんな時は人を信じてみましょう!

そうすることで一気に生産性が上がり、まったく見えなかった世界が見えてくるかもしれません。

スポンサードリンク

うまく人を頼ることを覚えよう

わたしたちは、助けを求めることは良くないという考えを抱きがちです。すべてをやり遂げ、自分のことを自分でできる人を称賛します。
ところが、成功し、たくさんのことをこなす人ほど、助けの求め方を熟知している場合が多いのです。

「自分の手に余ることを引き受けたり、自分だけでは難しい問題を解決しようとすれば、 ストレスを引き起こし、健康にも悪影響を及ぼします。
でも、ほかの人に頼れば、孤立感や抑うつ感、ストレスが和らぎます。助けを求めることによって、弱点の強化よりも、自分の長所に目が向くのです。

適切な人に助けを求めれば、時機を逃さずに必要なことをやり遂げることができ、あなたの生産性も高まります。
「何をすべきか、どのようにすべきかがわからないと、わたしたちはやるべきことや決断を先延ばしにしてしまいがちです。助けを求める勇気があれば、完成に向かって進めます。

スポンサードリンク
また、適切な人に頼めば、きちんと理解している人から新しいことを学べるため、知識が身につき、時間を節約できます。
助けを求めることで、問題や難しい課題への洞察が深まり、新しい解決法が見つかる能性もあります。助けてくれる人は、独自の視点や経験を持ち込み、異なるアプローチで難しい課題に取みます。もっと効率良く効果的な対処法や、あなたが考えつかないような解決法を知っている可能性もあります。

助けを求めることは人間関係の強化にもつながります。相手はあなたの世界に入り込むことができ、また自分を信頼され、頼られていると実感できます。人は誰かから必要とされ、重要な存在だと感じたいものです。

あなたを助ける機会を与えられれば、相手はそれが実感できます。困ったときに相手に頼ることができれば、相手も安心してあなたに頼れます。互いに健全な形で頼り合うことで、お互いの絆が強まるのです。

具体的にどう人を頼ればいいのか?

ひとりでがんばらなくていい

必要なときに助けを得るための第一歩は、自分に正直になることです。自分の能力を知り、自分ができることとできないこと、独力ではできないときを知ることが一番大切です。すべてを自分ひとりで対処すべきだという考えは自滅につながります。

信頼できる人に助けを求めて

メールや伝言ではなく面と向かって頼みましょう。直接かかわることが好結果を招きます。頼むときは、はっきりと率直に。相手が気持ちを察してくれるのを待っていてはいけません。何を望んでいるのか、なぜ助けを求めているのか、相手に伝わることが大事です。また助けを求める相手には、見返りを求めない、心から信頼できる人物を慎重に選びましょう。

ロ出ししないでおまかせ

信頼できる人を選んで助けを求めたら、その人を信じて、細かいところに口を出さないことが大切です。細かいところに口出しすると、この先、助けてもらえる機会をつぶしてしまうことになり、人間関係にもマイナスの影響を及ぼします。

どう思われるかなんて気にしない

弱い人・困った人だと思われたくないという気持ちのせいで助けを求めない人が大勢います。でも、自分でできることとできないことがわかっているという自己認識と自信があれば、逆にあなたへの信頼は高まります。相手に「ノー」と言われること、拒否されることを恐れて、助けを求めない人もいますが、たいていの人は誰かの役に立ち、必要とされたいと思っていることを覚えておきましょう。

助けが必要な人に手を差し伸べて

必要なときに気兼ねなく頼めることも大切ですが、同じように、助けが必要な人に対して手を差し伸べることも大切です。できるときに、できる範囲でほかの人を助けるべきだという意味です。

心からの感謝を伝えましょう

助けてもらったときには、必ず心からの感謝を示しましょう。おかげであなたの状況が変わったことや、人生が楽になったことを相手にきちんと伝えるようにしましょう。

スポンサードリンク

まとめ

一人でできることであれば、努力して解決するもよし。
一人でもなかなか難しく、人に助けを求めれば進める場合は、思い切って助けてもらいましょう!人とは頼られることに喜びを覚えます。だから、勇気を出して頼るんです。

人と共に進めるような仕事やプロジェクトがあって、そこで協力して成功を収めることができたらなんて素敵なことでしょうか。

是非、一人だけで悩まず、人に頼ってみましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする