医療・健康

胆のうがんとは?【簡単にわかりやすく説明】森三中、大島の診断で注目!症状?

お笑いトリオ「森三中」の大島美幸(41)が「主治医が見つかる診療所SP」の中での診断に深刻な表情を浮かべるシーンがあった。

あまりメジャーではない胆のうがんの疑いがあるとの診断だった。
胆のうがんとは一体どういったものなのであろう。

胆のうがんとは
胆のうもしくは胆のう管にできる悪性腫瘍のことを言います。

そして胆のうがん、胆管がん、乳頭部がんを合わせて胆道がんと呼ばれています。

胆のうがんの危険因子としましては、膵・胆管合流以上があります。
膵管と胆管が十二指腸の手前で合流するという先天性の異常です。

そのため、膵液と胆汁の逆流が起こり、胆道や膵臓にさまざまな影響を引き起こします。

予防処置と致しましては、胆のうの摘出手術です。
そして胆のうポリープでは、大きさに関わらず広基性病変(粘膜の表面からなだらかに隆起している病変)である場合は胆のうがんである可能性が高いため、胆のう摘出術が推奨されます。大きさが10mm以上あり、かつ増大傾向を認める場合にも手術が検討されます。
胆のうがんの初期では無症状であることが多く、検診の腹部超音波(エコー)検査で、偶然発見されることもあります。

あわせて読みたい記事↓

皆藤愛子の突発性難聴は治る?症状や原因を簡単に説明します!タレントの皆藤愛子(37)が自身のインスタグラムで突発性難聴と診断されたことを公表した。 あまり聞かないこの病気は一体どんな病気なのか...
青木さやか、パニック障害を克服!薬の後遺症や薬害はあるの?薬依存症は大丈夫?どこ病院なの?タレント・お笑い芸人の青木さやかがエッセイで自身のパニック障害について語りました。 薬の依存症や克服していく過程を紹介しています。 ...