久保建英がビジャレアル移籍!はたしてその評価は?ポジションは?


[出典元:サンスポ]

さてさて日本の宝「久保建英」選手がレアルマドリードから
スペインの名門のビジャレアルにレンタル移籍しました!

すでに同僚を翻弄する動きを見せ話題になっております。
足元のテクニックでいうとスペインでも上位に入るのではないでしょうか。
そんな久保選手はスペインでどのくらい評価されているのでしょうか?

そして年俸はどのくらいなのか?
どうしても知りたいですよね(^^)

そんな今知りたい久保建英選手の情報をたっぷりとお伝えしてゆきます。

久保建英選手のプロフィール

本名:久保 建英(くぼ たけふさ)
生年月日:2001年6月4日
出身:神奈川県川崎市
所属:レアルマドリー/ビジャレアル
ポジション:ミッドフィルダー、フォワード
ニックネーム:TAKE
身長:173cm
体重:67kg
利き足:左足

サッカーを始めたのは3歳の時。
毎年国内で開催されているFCバルセロナのキャンプに参加してなんとそこでMVPを獲得!!
その後、ベルギーで行われた大会にバルセロナのメンバーとして出場し、
チームは3位ながらも大会のMVP!!
もうエリート中のエリートですよね!

そんな小さい頃から期待されていた久保選手の今後はどうなっていくかすごく楽しみですよね!

スペインの名門ビジャレアルにレンタル移籍後の評価は!

久保選手は、誰もが知っているスペインの巨人、レアルマドリードに
移籍後、国内チームのマジョルカにレンタル移籍しました。
移籍当初は、新チームということもあり、順応までに時間がかかりましたが
持っている実力は間違いのものであり、どんどんチームから
信頼を勝ち取っていきました。

そして終盤での活躍により、一気に評価を高め世界的に見ても若手の大注目銘柄と
なり、全世界から注目されるようになりました。
そこから久保選手が今後、どんなルートをたどるかに脚光が浴び
多くのチームが獲得に乗り出しました。

約30チームが獲得に乗り出したと言われていますが
本人は、その情報の中でうそもあるし、本当にあると
少し謙遜した表現をしておりましたが、各国の名門が
獲得に乗り出したのは間違いありません。

とりわけ獲得に本腰を入れていたのが、ドイツの名門中の名門で
あるバイエルン・ミュンヘンです。
移籍金はビジャレアルの約2倍を提示したと言われています。
しかし久保選手側が生活しなれたスペインの地、そして
レンタル元であるレアルマドリーと同リーグであることを
が重要ということでスペインの名門ビジャレアルを選びました。

この選択は間違いなく正しかったでしょう。
わざわざ他国のリーグに行く必要もないですし、リーガに
久保選手が順応しているのは誰が見ても明らかですからね。

そこで気になるのが、ビジャレアルでの評価ですよね。
当然、ビジャレアルに加入する前から、マジョルカ所属時の
プレーがスペイン国内では有名になっており
チームの中心選手として迎えられています。
早速の練習で、いきなり華麗なステップで同僚を翻弄している
のはメディアにも取り上げられています。
その動画が、何度もメディアで繰り返し流されており
ビジャレルでは久保フィーバー状態になっているようです。

久保建英のプレーを分析

利き足は左足。
なんか利き足が左足って聞くと、間違いないって思うのは
私だけでしょうか。
才能豊かな選手はレフティーが多いですからね。

ポジションはミッドフィルダー、フォワードです。
ビジャレルではトップ下での出場が予想されておりますが
マジョルカ時の主戦場は右サイド。
左利きで右サイドというのは、ドリブル、特にカットインが
しやすいと言われております。
ただ、久保選手はカットインも多様しておりますが
ややゴールから離れた位置では、縦への突破がすごく多く
実際にアトレティコマドリー戦では、ふたりをあっという間に
交わしたプレーは圧巻でしたよね。

そんなドリブラーの久保選手がトップ下に入った場合は
そのようなプレーにしてくれるでしょうか。
私の個人的な意見としては、よりゴールに近いところで
見たいということと、スペースのあるポジションでスピードある
ドリブルを見たいというのもあり悩みますよね。
でもゴールをたくさんみたいのでトップ下がやっぱりみたいですね。

あわせて読みたい記事↓

日本代表の久保建英が所属するビジャレアルは現地時間8月23日 はじめてのプレシーズンマッチが行われました。 ついに黄色い...

まとめ

移籍したての現時点でもすでに評価は絶大です。
そして人気もすでにスタークラスであり、日本からのマスコミが殺到
していることから、チームの経済効果もかなり期待されていると
言われています。

ただ間違ってはいけないのが、久保選手は純粋に実力で評価されてお
り、マーケット面はおまけにすぎないということです。

そしてポジションに関していうと、トップしたが最有力であり
カソルラのような存在になれるのではと地元でも言われているようです。
(プレースタイルは違いますが)

久保選手がこれまでの日本の選手と違うと思うところは
まずは語学以上にコミュニケーション能力が抜群に高いということです。
以前に家長などを指導したことのあるスペイン人コーチが
久保は他の日本人選手とは違うと実際に言っています。

ただ主張するのではなく、コミュニケーションをしっかりとった
上での主張なので、周りから嫌われないし、試合でのやり取りも
スムーズなんです。

そしてスペインでの生活が長いということもありますが
スペインの文化や人の特徴をしっかりと理解しているので
どこでしっかりやって、どこでぬくかを熟知しているので
完全に順応できているんです。

そんなスペインの申し子のような久保選手が名門のビジャレアルで
今後どのようなプレーをするか見守っていきましょう。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする