How to

世間話はやめましょう!本当に興味のある話で共有を

世間話はやめる

人間は本能的に人とのつながりを求め、会話を通して結びつくことを望みます。
ところが、どんなふうに会話するかによって幸福度は大きく左右されるのです。

アリゾナ大学の心理学者マティアス・メール博士の研究では、掘り下げた議論(感情や 考え、思想など) に長い時間をかけ、世間話(天気など)にはあまり時間をかけなかった被験者の方が、幸福度が高いという結果が得られています。

最も幸福度の高い人の場合、 世間話は会話の10パーセントしか占めず、最も幸福度の低い人の場合、世間話が会話の 3・3パーセントを占め、約3倍になっています。

博士によると、人間はほかの人と結びつくことを通して人生の意義を作り出そうとするそうです。意味のある、深い会話をしているとき、わたしたちは人生や人間関係により深い意義を感じるようになります。

他者との強く健全な結びつきがわたしたちの幸せに直接 つながるという調査結果もあるのです。

即実践してみましょう!

あたりさわりのない話題は避けて

政治など、気楽に議論しにくい話題もありますが、天気や流行の髪型など、あたりさわりのない話題を取り上げたいという衝動は抑えましょう。たまには楽しいかもしれませんが、表面的な会話しかできません。

あなた自身が強い興味を感じる話題について話しましょう。

深い話ができる人と過ごしてみましょう

深い話題について話すのを好み、さまざまなテーマについて安心して考えや感情、見方を分かち合える友人や家族、同僚がいると思います。そうした人たちと話す時間を毎週設け、定期的に意味のある議論ができるようにしましょう。

世間話は5分まで

世間話を絶対にしないというのはさすがに無理でしょう。エレベーターで乗り合わせたり、廊下で同僚と一緒になったり、見知らぬ人と初めて出会ったりした場合など、世間話がふさわしいという状況があるのも確かです。

世間話が避けられないときは制限時間。たとえば5分を設ければ、最小限にできます。5分がたったらさりげなく会話を止めるか、もっと意味のある話題に移るようにしましょう。

相手の話をじっくり聞くことも大切

ほかの人の話に心から興味を持つようにしましょう。会話を深めるためには、お互いに話すだけでなく、聞くことも必要です。

話の途中で遮ったり、思いついたことを言いたくなり、もどかしそうに話し終わるのを待ったりするのはやめましょう。相手のボディランゲージや表情に目を向けましょう。

これらは話される言葉よりもずっと多くを語っていることがあるからです。

あわせて読みたい記事↓

恐怖、不安、ストレス、恐れと向き合い戦う!それが成長となる!恐怖、不安、ストレス、恐れと向き合い戦うことをで人生をより充実したものにできるんです!逃げるのではなく現実を向き合うことでそれを超えていくことが出来るようになります!...
自分を責めないことで世界は変わる!自分を好きになることで人生は開けていく!自分を責めないことで世界は変わる!すごく単純なことだけど、たくさんの人が知らず知らずに自分を責めていて自分の作った架空のネガティブな世界に引きずりこまれている。...

あなたにおすすめの外部記事↓

職場で嫌いな人にイライラする原因【イライラするだけ損しています】 | shigeblog (shigeblog64.com)