佐々木希の”きりたんぽ”が美味しそう!【画像】手作り郷土料理は最高

何かと話題の女優の佐々木希がインスタグラムで故郷・秋田の名物「きりたんぽ鍋」を披露!!
佐々木さんは20日の自身のインスタグラムに比内地鶏入りのきりたんぽ鍋を煮込む動画と画像をアップし、食べ方については「お腹に余裕がある時は稲庭うどんも入れて食べます」と投稿。
そして「秋田の郷土料理を子供がもりもり食べてくれて嬉しい」と長男もおいしく食べていたらしい。

佐々木さんのインスタグラムより

本日の夜ご飯は
比内地鶏入りのきりたんぽ鍋。
きりたんぽの本場、秋田県大館市の親戚から届きました!
お腹に余裕がある時は稲庭うどんも入れて食べます。
秋田の郷土料理を子供がもりもり食べてくれて嬉しい☺️

#陽気なお母さんの店
#きりたんぽ
#比内地鶏
#秋田県
#郷土料理

秋田の郷土料理きりたんぽを「佐々木」さんが作るとこうなる!!

ちなみにきりたんぽとは漢字で書くと「切蒲英」です。
つぶしたうるち米のご飯を杉の棒を包み込んで焼いたものをいいます。そして秋田県の郷土料理。鶏(比内地鶏)がらのだし汁に入れて煮込んだり、味噌を付けて焼いたりして食べます。

これが佐々木さんが作った”きりたんぽ比内地鶏からダシバージョン”の画像です。
見た目は、普通ですが佐々木さんが作ったのなら100点ですね(^^)/

これは間違いなく美味しいですね!だしもいいかもしれませんが、お味噌もそそられます!

それにしましてもそろそろ新米出る頃ですね!秋田も美味しい秋田こまちが並びますね!!
秋田の人はお友達や家族できりたんぽパーティーをよくやるようです。
佐々木さんのおうちでもやっていたのでしょうね。お招きされたいです。

比内地鶏スープに鶏肉、具材をたくさん入れて食べるのはもう最高すぎるようです!最後のセリはお忘れなく。
しかし今年はコロナもあってなかなか大勢で集まることはできないからちょっと寂しいですね。

みそつけたんぽ(みそたんぽ)

名前の通り、焼いたたんぽにお味噌をぬって食べます。これが一番ポピュラーな食べ方であると思いますし、きりたんぽを知らない人でも一度は見たことがある絵だと思います。
ちょっと甘かったら余計に最高ですね!個人的にはみそをつけてから焼いても美味しいのではと思います。

きりたんぽ鍋

鶏(比内地鶏)のガラからとったダシに濃口の醤油、日本酒と砂糖で調整。
基本的にはゴボウ、舞茸、比内地鶏など煮えにくいものから入れ、中火でぐつぐつと煮立てる。
この時点で美味しいとわかりますね(^^)相当ないい香りがすると思います。
そしてきりたんぽとネギを入れ、良い感じになってきたら最後にセリを入れます。

比内地鶏が品種開発され出てくる前には、出汁は比内鶏のものを用いていました。
比内地鶏が調達できない際はブロイラーのトリガラやもも肉、鶏皮などで代用することも可能です。
ちなみにNG食材もあるんです!!
その代表的なものが「シイタケ」です。
キノコに関してはシメジかマイタケとなります。

手作り郷土料理は最高にやさしい!

そもそも郷土料理のいいところは手作りの温かみですよね。
やっぱりふるさとに帰ってきたって思えますよね。

ちなみに私が好きな郷土料理は新潟の「のっぺ」です。
きりたんぼのようなガツっとした郷土料理もありますが、ほとんどがやさしい味になっています。
新潟ののっぺは小さく角切りしたサトイモをメインとして、鶏肉やニンジン、ゴボウや油揚げ、そして加熱したイクラ、ホタテガイの干し貝柱、レンコン、椎茸、銀杏、筍などを加えた煮物です。
味の決め手としては、家庭それぞれだと思いますが、ホタテのダシが出ているかいなかで大きく変わると思います。
もちろん新潟県内の地域や各家庭で、そして個人の好みによって具材はかわります。

このっぺという食べ物は、温かくてもおいしいのですが、冷たいのもまたおいしい!もしかしたら冷たい方がおいしいかもしれません。

いろいろな食べ方や組み合わせがあります。
家庭によって、細かく切らずやや大きめで調理する過程も

まとめ

郷土料理はおいしいし、ふるさとを感じるとっても大切な料理。
そんな心温まる料理を佐々木さんのような人が作ってくれた最高。
味がよくなくても最高です(^^)!!!

あわせて読みたい記事↓

今、引っ張りだこの上白石萌音さん。かわいいし、歌もうまい。 ドラマもヒットして妹、上白石萌歌さんと一緒にブレイク中です!!! そ...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする