How to

創造力を養うことで幸せになれる!

自分を芸術的、あるいは創造的だと考えるかどうかは別として、人生において創造力を育てることには大きなメリットがあります。

創造力の表現を楽しむことは、面白いだけでなく生産性の高い方法で、日々の責任から心を解放してくれます。創造的なことに熱中しているとき、わたしたちはストレスから解放され、終わったときには、よりすっきりしたリラックスした気持ちになりますね。

義務や仕事ではない創造的な作業によって元気を取り戻すことができるのです。
歌を歌ったり、景色を描いたり、短編を書いたりすることは、心の奥底にある気持ち、 特に向き合うのが難しい感情にとってうってつけのはけ口となります。

創造力を発揮しているときには、最も自然で心地良い形で、自分自身を探って表現する自由を得られ、その結果、自己認識を深めることができるのです。

創造力の表現は自信と自尊心を育みます。
危険を冒さずに実験し、評価することなく楽しめます。自分の方法で何かを創造し、生み出し、作り出す権利と自由があり、所有意識と充足感が得られるのです。

創造的な活動では、長時間にわたってひとつの活動に集中することを求められるため、 集中力も増します。創造にかかわるとき、わたしたちは「フロー」状態(時間が経過する 感覚がなくなるといった、生産性の高いゾーンにいるときの状態)になることができるのです。

研究によると、創造的な活動には、打たれ強く、若々しい心を保つ効果もあるそうです。創造力は広い心と柔軟性の上に成り立ちますが、脳の老化防止にとって重要な 要素なのです。

創造的なことにかかわると、思慮や直感、洞察力を働かせる余地が生まれ、より良い見方、新しい洞察、明晰な考えが得られます。これらはみな、最善の意思決定に重要な要素です。

一日に一回、創造力を楽しむ時間を

創造的な表現方法を楽しむ時間を作りましょう。

カレンダーに時間を組み込み、創造のための時間を確保できるようにしましょう。
1日10~5分ずつに分けてもいいですし、ピアノ、写真撮影、スケッチ、アクセサリーづくりなど何でもいいので集中して時間を過ごします。可能なら時間を伸ばしましょう。

評価主義を捨て、プロセスを楽しんで

創造的表現を楽しむ目的は、完成品を作ることでも、最高傑作を作ることでもありません。むしろ、創作のプロセスや創造活動そのものから恩恵を引き出すことが大切です。

創造には正解も間違いもないことを忘れてはいけません。自分が作り出すものについて考えすぎたり、自分が生み出すものを評価したりすれば、そのプロセスは硬直し、ストレスの多いものとなります。

インスピレーションを得るために

インスピレーションを得る方法はたくさんありますが、何がきっかけになるかは人によってかなり異なります。自分の創造力を刺激し、燃え立たせるものを見つけましょう。

自然の中で時間を過ごすことをおすすめします。子どもたちと遊んで、開放性と柔軟性を促したり、音楽を聴いたり、自分の執筆を刺激するような文学を読んだりしましょう。

それまでとは違う新しい視点を得るために、外国の映画を観ましょう。
あるいは、創造ス ペースの壁に芸術作品を飾って、自分の中の芸術家を呼び起こしましょう。

プロに学んでレベルアップ

もちろん、創造力は自分で磨くことができますが、クラスを受講して自分が選んだ芸術形式のテクニックを学べば、違ったレベルの楽しみが得られます。

クラスやレッスンを受講すると意欲がかき立てられ、表現力を高めくれるような新しい方法にも触れられます。

さらに、同じような熱意や興味を持った人々との結びつきも生まれ、意義のある友人関係が得られます。

あわせて読みたい記事↓

静寂を感じ生活に取り入れること。雑音を消す。静寂を感じ生活に取り入れることでストレス改善や疲労回復にもつながると言われています。普段、交通騒音や雑音を消し、風の音、川の音を聞くだけで人生は大きく改善されることでしょう。...

あなたにおすすめの外部記事↓

創造力を高める6つの方法 | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)