初心者必見フライフィッシング〜知って得したポイント攻略〜

こんにちは!コージです。
フライフィッシングは人気ですが意外に
やってる人って見ないですよね。
ルアーはたくさん出会うのですが。

僕はフライフィッシングに関して
そんなにプロみたいなことはできない
ですが、ポイントポイントでの釣り方が
わかってから釣れるようになりました。

道具も揃えて意気込んで釣りを始めたのに
全然釣れない人って結構多いですよね。
揃えたけど一回でやめる人も結構多いですよね。
もちろんそれは釣れないからです。

そこで、今回はポイントごとの釣り方を
丁寧にお伝えしてゆきますね。
フライフィッシングは、ただ投げていれば
いいというわけではありません。
その場所その場所で、ベストな釣り方を
していきましょう。
では早速解説でございます。

まずはつかみどころのない「瀬」を攻略

まず瀬というのは、深みや流れの
変化が少ない平坦な流れのことです。
この瀬というポイントを全体的に
大きく捉えてしまうと、つかみどころがなく
魚の居場所がわかりにくいという
問題があります。

しかし、盛期のドライフライフィッシング
では瀬こそ最大のポイントだと僕は思います。
一見釣りにくそうな瀬も、味方を変えれば
問題は簡単に解決出来るんです。
つまり瀬を様々な形の小さなポイント
の集合体と考えればいいんです。

例えば、石が連続して顔を出している
ところならひとひとつの石のまわりに
ある流れをポイントとして見ていく。
もう少し段差があり、落ち込みになって
いるところなら、落ち込みの
攻略のつもりで攻めるという感じです。

水深がないので、足元を疎かにしがち
なんですが、魚って意外なほど
浅いところにも潜んでいることがあります。

慎重に手前から順に攻めていきましょう。
このとき、複雑な流れでは真横にキャスト
するとドラッグがかかりやすいので
ドラッグを避けるため、できるだけ
ポイントの下流側に回り込んでアップクロス
の角度になるように狙っていくといいと思います。

落ち込みをせめる!

流れの中にある二つの石の間を
落ちる小さなものから小規模な滝まで
落ち込みと言っても規模や形態は
いろいろあります。

でもその基本的な構造はほぼ同じであり、
ポイントがはっきりしているので
攻めやすい。それが落ち込みです!

基本的なポイントは流れの両脇です。
流速の早いところと遅いところの
境目が狙い目です。この速い側に寄った
ところが盛期の魚のつき場です。

白泡が切れるあたりにフライを落として
この境目の速い方の流れに乗せます。
ちなみにヤマメの好む流速は、だいたい
30cm/毎秒でイワナはその半分くらいと
言われています。

そして落ち込みの両脇にある渦を巻いた
ような反転流もポイントであることが多いです。
落ち込みの攻略で最も難しいのは速い
流れの向こう側にあるポイントを
釣る時だと思います。

いろいろなトリックキャスト、スラック
キャストやメンディングで攻めてもうまく
いかないほど流れが速い場合は、
ロッドを立て気味にして流心をまたぐ
ような形で狙うか、落ち口からダウンクロスで
アプローチしてみるといいと思います。

ちなみにボサ川では、アシの根元以外
比較的ポイントが少ないです。
だから小さな落ち込みでもあればそこは狙い目です。
是非試してくださいね。

淵、トロ場を攻略しましょう!

淵やトロ場は流れが緩やかで低水温期の
越冬場所になります。
また放流魚は流れがほとんどない養殖池で
育っているため泳ぐ力が弱く流れに馴染む
までは淵にとどまっています。
このことから、解禁当初は特に狙い目です。

管理釣り場などでは、こういう小規模なものを
人工的に作っているので釣りやすいのですが
自然の川ではシビアにポイントを絞り込んで
いかないといけません。

あえてキーワードをいえば「流れ」ですね。
流れ込み、流れ出しはもちろん。
ほとんど流れのない大淵ではその中でも
流れのある流心や岩盤沿いなどがポイントとなります。

夕方になると羽化による活性化のため魚が
はね始めますが特に瀬→淵→瀬となっている
ようなところの淵で、この現象が起きやすいです。
また、フライの選択ですが、
魚が捕食している虫のサイズプラスαが目安です。

堰堤を狙え!

堰堤はシーズンを通して有効なポイント
ですが、特に産卵のために上流に魚が
遡る秋は狙い目となるしイブニングライズを
起こりやすいです。
一見、一定の流れで水が落ちているように
思えますが、よく見ると強い流れの筋と
いうものがあります。

そこがポイントを見つける目安になります。
速い流れと遅い流れの境目の、速い方の流れに
フライを乗せてやるという攻略法は
落ち込みの場合と同じです。

もちろんエサを求めて回遊して魚もいるので、
下流のカケ上がりの部分から用心深く
狙っていきましょう。意外な大物が
フラフラしている時もあるんです^_^

難点としては下流側からしかアプローチ
しにくいです。また水深があるので基本的に
ある程度、ロングキャストの釣りになります。

下流に入るルートがないとか、足場がないと
いうような時は、堰堤の上から狙うという手もあります。
ただ大きい魚がかかると取り込みが大変です。
下流に降りないときは、抜き上げになります。

ところで、大堰堤は堰堤の下部が
掘れないように、エプロンという小堰堤が設けて
あるものですが、このエプロンの工事がいい加減だと
中央部分が崩れて穴が空いていて、
そこに魚がいることもあります。
こんな感じでポイント別、攻略法でした。

あわせて読みたい記事↓

こんにちは。 2年前に30cm超えのイワナを釣って以来、それ以上の大物が釣れていないコージです笑p (数はかなり釣っていますが) 少し...
いつもありがとうございます。コージです。 仕事場が川の近くで帰りによくのぞいて いくのですが、鮎釣りのおじさんが 毎日のように...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする