お食い初めのやり方は?おすすめ商品と簡単にやる方法も紹介!

赤ちゃんが生まれると、ついつい調べたくなるのがお祝い行事ですよね(^^)
母になった喜びを感じる時でもあると思います。本当にうれしですよね。
そしてかわいいわが子のお披露目の場を用意したいものですよね。

お子様の行事って実はすごくたくさんあるんですよ。
一番有名なのは、七五三ですよね。初節句などもありますし、一升餅のお祝いもあります。
近年では一升餅のお祝いをするご家庭が増えているようですね。と言っても元々は古い文化ではありますが(;^ω^)

さて今回は、生後100日目に行われるお食い初めを紹介させて頂きますね!
今は便利な世の中でして、お食い初め用のセットが販売されておりましてやり方もしっかり説明されています。

お食い初めのおすすめ商品はこちら

お食い初めの商品ってたくさんあるんですよね。
そこでおすすめのものを紹介させて頂きます。

伊勢神宮外宮奉納 お食い初めセット 爛々(らんらん)鯛 料理 歯固めの石付 冷凍 国産天然真鯛 (赤(男の子))

アイプラス お食い初めお祝膳 総朱 松竹梅 男の子

下記にも書かせて頂いておりますが、お食い初めはしっかりしたものを揃え完璧にならなくてもいいんです。これはご家庭によりますが、お子様のお祝いは今後たくさんあります。
だから、どの回のお祝いでお金を使うかなどご家庭によっても違います。

そしてこのお食い初めを簡単にすることもできます。
離乳食を用意して、食べているまねをしておっぱいから卒業という意味と、将来を願うということもできます。

お食い初めってそもそもどんなもの?

お食い初め(おくいぞめ)とは、正式には百日祝い(ももかいわい)と言われ、新生児の生後100日目に行われる儀式のこと。
「真魚始め」「箸揃え」「箸初め」「歯がため」とも呼ぶ地域もある。

概要
個人差はあるのですが、新生児は生後100日くらいに乳歯が生え始めます。この時期に「一生、食べることに困らないように」との願いを込めて食事をするまねをする儀式のことを言います。
満一歳のお子様のお祝いとして一升の丸餅を背負わせる儀式を一升餅といいますが、こちらも「一升」を「一生」とかけ、「一生、食べることに困らないように」「一生、丸く平和に過ごせますように」などの願いが込められていて、煮ていますよね。

この儀式は、非常に古くなんと平安時代から行われていており、江戸時代には生後120日で飯や魚、餅、吸い物、酒などを揃えて幼児に食べさせる真似をしたと言われています。

祝い膳
伝統的な形(基本の形)は、一汁三菜の「祝い膳(いわいぜん)」が用意されていました。
まず鯛など尾頭つきの魚、赤飯・焚き物・香の物・紅白餅、吸う力が強くなるようにと吸い物(汁物)、歯が丈夫になるようにと歯固め石が供される。
正式には漆器で高足の御膳にしつらえることになっていました。
器の色は赤ちゃんの性別で異なっており、男の子の場合は内側外側ともに赤色と決まっており、女の子は外側が黒で内側が赤になっています。

なんとなく逆の方がいいのではと思ってしまいますが(;^ω^)

現代版の簡単な方法は→祝い膳として離乳食を用意しミルク、おっぱいから卒業するという意味で行われます。
豪華な儀式をするもよし、お食い初めは簡単にしたいという人はこの方法でもいいと思います。

歯固め石は、古くから神社の境内から賜るもので、儀式が終わり次第お返しすることとなっています。小石の代わりに固いクリの実を供する地域もある。
面白いのが大阪をはじめ、関西地方では小石の代わりにタコを供すると言われています。
なんだかすごくかわいいですよね。このような文化なら地域問わずやってもよいのではないでしょうか。

長野県佐久地方では、祝い膳の直後に、洗い清めた石を皿に乗せ、焼鰯を添えた膳を作る風習がある。子供に石をしゃぶらせると、石をも噛み砕くような丈夫な歯が生えるといわれる。

中国の風習
赤ちゃんのための命名式を行う。髪の毛を切って「胎毛筆」と呼ばれる筆を作る。二つを祖父と祖母への贈り物にするのが、子供が生まれた後の最高の縁起物であり、一番喜ばれる贈り物だという伝統がある。

外国にも似た文化があります。

イギリスでは、まだ生まれて間もない赤ちゃんの命名式の際に、外国ならではですがスプーンを使ってお食い初めに似た儀式を行っています。
昔のイギリスでは、家柄や裕福な家柄ではスプーンの材質が銀などで作られており、裕福ではない家柄では木製のスプーンが使われていました。
ここから、よい家柄で出身であることをいう熟語ができました。
「銀の匙をくわえて生まれてきた」という熟語です。

なんだかあまりよい印象は受けない言葉ですが、イギリスらしいと言えばらしいですよね。

現在では、幼児洗礼の贈り物として子供に銀のスプーンを贈る家庭がヨーロッパ各地で見られる。

あわせて読みたい記事↓

今、この記事を読まれているということは、今一番幸せな時期だと思います(^^)/ おめでとうございます!! 赤ちゃん行事はたくさんあっ...
一升餅とは、満一歳のお子様のお誕生日に一升分(約2kg)の丸餅でお祝いするもの。 地域によって祝い方が違い地域性が出ていて面白い文...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする