お金のかけ方・使い方。ものよりも経験に投資する。

これは誰もが一度は考えたことがあることでしょう。
よほどのお金持ちでお金に余裕がない限りは。
例えば、お給料が入ったとしたらそれをどう使おうか考えます。その時に、バッグ、洋服、靴などものとして形にずっと残るものか、旅行、お教室、映画などのものとしては残らないけど、思い出として残っていくもの。

あなたはお金のかけ方・使い方はどっちでしょうか?どちらに投資しますか?
これは一概にどっちと決めるのもあまりいいことではありませんので、参考までに知って頂けたらと思います。ただひとつ言えることは、もののみにお金をかけても決して充実した人生にはならないということ。

スポンサードリンク

お金のかけ方・使い方は考えてみよう。経験に投資しよう!

お金はたしかに生活を楽にしますが、それは必ずしも幸せと同義ではありません。何にお金を使うかで大きな違いが生まれるのです。
友人との食事や休暇、また海辺での1日でもいいのですが、経験にお金を使った場合、 車や家、新しい機器など、物にお金を使った場合よりも、幸せだと感じる傾向にあるという研究結果があります。

さらに、お金を払って得た経験から生まれる幸せは、その瞬間に留まりません。過去の経験について考えたり、未来の経験を期待したりすると、過去に買った物や将来買う物を考えるよりも、ずっと前向きな気持ちになれるのです。
時間やお金を物ではなく経験に使うと、さまざまな理由で、より大きな喜びが得られます。第一に、物から得られる喜びは比較的限られたもので、時間とともに消えてしまいます。ところが、経験は自分の中に取り込むのに時間がかかり、時間とともに重要度が増し、一生の思い出となるのです。

スポンサードリンク
さらに、所有物はあるがままの実体のある物にすぎないのですが、経験はもっと抽象的ですべての感覚にかかわります。たとえば、新しい車を買えば1カ月間は幸せだと感じるかもしれませんが、いずれ生活の中で当たり前のものとなり、特別感が失われてしまいます。ところが週末の行楽に出かけた場合は、友人たちや家族との時間を過ごし、食べたことのない物を味わい、興味深い名所を目にし、その土地の匂いを嗅ぎ、新しい環境に浸ります―これらはすべて永遠の思い出となって喜びをもたらしてくれます。 見知らぬ街で道に迷ったり、旅行中に悪天候に対応したりといった否定的なことが起きした瞬間の一番良いことが思い出に残り、否定的なことのおかげでその経験がずっと面白く、印象的なものになったと感じるのです。

物よりも経験にお金をかける方が好ましいもうひとつの理由は、経験には社会的要素が含まれることが多いという点です。物は個人的に楽しむことが多いのですが、経験はほかの人と共有する傾向にあります。
ほかの人と一緒に物事を経験すると、社会的なつながりが増し、人間関係が強まり、人との結びつきがより深く強くなります――これらはすべてわたしたちの幸せにつながりま す。

経験にお金を使うってどういうこと?

意識を高めてみて

新しい物を買いたいと思ったときは、それがどんな経験を与えてくれるか考えてみましょう。どれくらいの喜びをもたらしてくれる?その喜びは一時的なもの? 長期的な利益をもたらしてくれる経験にお金を使いましょう。たとえば、150ドルの靴を買いたいと思っているのなら、同じ金額で友人とコンサートに出かけたりできるかもしれません。

みんなで共有しましょう

経験はほかの人と共有すれば、より多くのものを得ることができるので、友人や家族と一緒の経験を計画するように心がけましょう。たとえば、友人を散歩に誘ったり、家族 演劇を見に行ったりするのもおすすめです。

前もって計画するのがポイント

経験することに対するワクワク感も大きな喜びをもたらしてくれます。前もって計画して楽しみに待ち、経験がもたらしてくれる幸せを期待しましょう。

思い出せるよう形に残してみて

回想することによって経験は心の中で生き続け、終わった後でもずっと楽しむことができます。写真や日記、動画で残すといいですね。

「経験貯金」なら準備期間も楽しめる

ニュージーランドやガラパゴス諸島への旅など、高額な旅行に目をつけているのなら、 その目標に向かって毎週お金を貯めておく「経験貯金」をしておきましょう。

「経験したいことリスト」作りは楽しい

やってみたいと思っている経験を書き留めておくリストを作りましょう。何か新しいことを思いついたら、リストに書き加えましょう。とても楽しい作業ですよ。

永遠に残る贈り物とは?

誕生日や祝日には、大切な人に物ではなく経験をプレゼントしましょう。たとえ、新しい機器など具体的なものを欲しがっていたとしても、経験の方がはるかに感謝してもらえるはずです。その人の考え方も変わって、物より経験を大切にするようになるかもしれません。----ブレット・ブルーメンソール----

スポンサードリンク

まとめ

よほど着るものが少ない、履く靴が少ないという人は、心の余裕を得るためにものを買いましょう!でも、ものが満たされた場合は、どんどん経験にお金を投資していきましょう!
そうすると、どんどん記憶の中の思い出が増えていって、一年が終わるときに「いろいろあったな~~」って思える年になると思います。でもものばかりにお金を使うと「あれ?今年なにかしたっけ?」という年になってしまいます。

充実した人生を送りたいのであれば、たくさんの経験をして、お金をかけていきましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする