スポーツ

小方 心緒吏の笑顔が可愛い!障害のある部位はどこ?

小方、キャッチ

小方心緒吏さんは、東京2020パラリンピックで『シッティングバレーボール』の女子日本代表に選ばれた選手です。

シッティングバレーボールは、戦争で体が不自由になってしまった人々が考案したオランダ発祥のスポーツです。

通常の6人制バレーボールとほとんどルールは同じで、シッティングバレーボールならではの見所にも注目!

今回は、

  • 小方心緒吏のプロフィール
  • 小方心緒吏の笑顔が可愛い
  • 小方心緒吏の障害のある部位はどこ?

について記事をまとめていきたいと思います!

是非、最後までご覧ください!

スポンサードリンク

小方心緒吏のプロフィール

小方、プロフィール
出典元:東京都北区

《小方 心緒吏のプロフィール》

  • 名前:小方 心緒吏(おがた しおり)
  • 生年月日:1985年11月5日
  • 年齢:35歳
  • 出身地:東京都
  • 職業:東京都北区役所

小方 心緒吏さんは現在、東京都北区役所で働きながら日々の育児に追われている働くママさんです。

今回のパラリンピックでは『エースアタッカー』として、注目を集めています!

中学時代からバレーボール部に所属し、エースアタッカーとして活躍してきましたが中学生3年生のときに『右大腿骨肉腫』を患い1年以上入院。

その後、高校で復学しバレーボール部のマネージャーとしてチームを支えていました。

シッティングバレーボールは、2002年知人に勧められて競技を始めています。

通常のバレーボールとルールは同じでも全く違う感覚だったシッティングバレーボールに苦戦しながらも努力をし、北京・ロンドンパラリンピック2大会連続出場を果たします!

小方 心緒吏さんの武器は強烈なスパイクです。

今や、日本には欠かすことができない需要な得点源として地位を確立しています。

スポンサードリンク

小方心緒吏の笑顔が可愛い

小方、かわいい
出典元:パラスポ

小方心緒吏さんの笑顔を見て可愛いと感じた人は多いのではないでしょうか?

私もその中の1人で、すぐに小方心緒さんの画像や動画を漁ってしまいました!

小方心緒吏さんは、東京都北区役所で働きながら育児に追われシッティングバレーボールの練習もしなくてはいけなく多忙なはず。

それでも笑顔でいれる秘密を調べてみました。

すると、2011年に結婚した旦那さんや2人の子供が原動力になっていることが分かりました。

《家族構成》

  • 夫:剛(たけし)
  • 長女:千彩(ちさ)
  • 長男:祐(たすく)

どれだけ忙しくても、大切な家族がいれば笑顔でいれるという事ですね!

スポンサードリンク

小方心緒吏の障害のある部位はどこ?

シッティングバレーボールは、常に地面に接触した状態で行われるので『肢体不自由』が競技の対象なので、小方心緒吏さんの障害は下半身であると考えられます。

詳しく調べてみると小方心緒吏さんの障害のある部位は、右ひざということが分かりました。

中学3年生のときに骨肉腫が見つかり、摘出手術の影響で現在は人工関節が入っています。

一年もの長い期間入院生活に時間を当てているので、大変なリハビリ生活だったことが想像できますね…

骨肉腫は50万人に1人の割合で発症する病気で、発症年齢は10〜20歳の若い年代に多く見られるそうです。

発症する確率が低いので、当時はどうして自分がこんな目に遭わなければいけないんだ。

と思ったはずです。

しかし、それを乗り越えて現在があるので本当に強い女性ですね!

まとめ

今回は『小方 心緒吏の笑顔が可愛い!障害のある部位はどこ?』と題して記事をまとめていきました!

中学3年生の頃に骨肉腫を発症し1年間を入院生活に当てた小方 心緒吏さん。

現在は、大好きな家族という原動力があるからこそ仕事も練習も頑張れると語ります。

笑顔を欠かさない小方 心緒吏さんに注目してパラリンピックを見ていきましょう!

最後までご覧頂き、ありがとうございました!

あわせて読みたい記事↓

https://happyterminal.net/amimoto_bas_pala-3949