錦織圭、右肩はいつ痛めた?どの試合で原因はなに?

錦織圭・全仏

錦織圭選手の右肩が悲鳴を上げた。
出場予定だったATPツアー公式戦の「ヨーロピアン・オープン」(ATP250/ベルギー・アントワープ/10月19~25日/)を欠場することとなった。

ATPとは、テニス団体のことで「Association of Tennis Professional 」の略。
日本では「男子プロテニス協会」と訳されます。

よく世界ランクという言葉を聞くことがありますが、ATPランキングというものを発表しています。

スポンサードリンク

錦織圭選手の簡単プロフィール

本名:錦織圭(にしこり けい)
生年月日:1989年〈平成元年〉12月29日
出身:島根県松江市
職業:プロテニス選手
所属:日清食品
学歴:松江市立乃木小学校→開星中学校→青森山田高校卒業
身長:178cm
体重:73kg
利き腕:右利き(バックハンド・ストロークは両手打ち)

世界ランキング:35位(2020年10月19日現在)

9/8(火)-9/13(日)ATP250
ゼネラリ・オープン ・男子シングルスのM.ケツマノビッチ戦で右肘の手術から約1年ぶりに復帰してから「9/14(月)-9/21(月)ATP1000 BNLイタリア国際 男子シングルス」「9/21(月)-9/27(日)ATP500ハンブルク・オープン 男子シングルス」「9/27(日)-10/11(日)グランドスラム全仏オープン 男子シングルス」に出場してきたが、戦績は2勝4敗となっていた。

波に乗れない錦織選手に復活のきっかけをつかんでほしいとファンは皆願っているが、今回は右肩の状態が不十分であるということで直前で欠場を決めた形となった。

本当に残念であるとともに、皆早い復活を望んでいる!

錦織選手、けががちにイメージがありますが、右肩はいつ痛めたのでしょうか?
どの試合で原因は一体なんなんでしょうか?

スポンサードリンク

右肩はいつ、どの試合で痛めたの?

錦織圭選手が右肩を負傷したのは、現地時間で9月30日の全仏オープン・男子シングルの2回戦のこと。世界ランキング74位のステファノ・トラバグリア(イタリア)との試合。
錦織圭選手はこの2回戦で敗退。4-6、6-2、6(7)-7、6-4、2-6でした。

そして この試合の第4セットでのことです。
途中で錦織圭選手は右肩の治療を受けました。試合後の記者会見の際に「若干心配」と答えています。

錦織圭 vs ステファノ・トラバグリア

錦織圭選手のような百戦錬磨の選手なら、自身の体の状態やケガの状態は、自然とわかるはずです。そしてケガの多い錦織圭選手なら、この痛みはよくない痛みというのが瞬時にわかったのだと思います。

ちなみにこの全仏オープンの一回戦もダニエル・エバンズ(イギリス)と3時間49分の長時間の試合をして、続いた二回戦も3時間53分の試合だったんです。
肩には相当な負担がかかっていたと予想されます。

試合中に肩のマッサージと痛み止めとみられる薬を服用していました。

錦織圭選手、ご自身は、「楽ではなかったですけど、さすがにまだ2試合目なので、きつかったですけど大丈夫でした」と楽観的なコメントとのあとの「若干心配」。

試合自体がそれほど負担ではなく体力的な部分は大丈夫だったけど、本人の気付かないところで右肩は負担を受けていたのでしょう。

試合を振り返ってのコメントはこちら

「3か4セット目に痛みが出始めて、ちょっとサーブがきつかったので、5セット目はファースト(サーブ)を入れにいく形になってしまいましたね」「思い切ってフォアを使ってきたり、バックのダウン・ザ・ラインがきたり、(相手のプレーが良くて)かなり振り回されていたので、サーブどうこうというよりかは、彼がレベルを上げてファイナルはやってきたので、太刀打ちはできなかったですね」

スポンサードリンク

まとめ

クレーコートシーズンが2勝4敗で終了しましたが、錦織圭選手は、全然自分の良い時までは達していないけれど、復帰してからは一番良い試合と語っています。

つまり手ごたえがあったということですよね。
それはなんだか「ほっ」とするコメントですね。

当然、錦織圭選手はまだまだこれからも強くなると思いますので、まずは体を万全な状態にして今後の大会に臨んで頂きたいです!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする