日記の効果は絶大です!人生を変える日記術。明日からはじめよう!

普段の生活をなかなか変えることってできないですよね。
でもほんの少しでいいから変化がほしいとみんな思っていると思います。
そこではじめてほしいのが日記を書くことです。

日記を書くことでいろいろな効果があると言われています。
そんな効果絶大の日記に関してお伝えしてゆきたいと思います。
是非、明日からはじめてほしいと思います。

日記をつけてみよう!

とにかく手っ取り早く自分を変えたいのなら、日記をつけてみましょう。日記なら、ほかの人を気にせず、胸の内を自由にありのままに表現することができます。心の奥深くに潜んでいる考えに気づくきっかけにもなり、自分の置かれた状況や人生についてじっくり考え、その意味を深く掘り下げることにもつながります。
難しい状況に直面したとき、日記を書くことで問題が整理され、物事がはっきり見えるようになり、自分の反応や考えをじっくり検討し、解決につなげることができます。
周りの人との間に誤解が生じたり、意見が合わないことがあったりしても、日記を書くことによって、ほかの人の視点に立ち、その考え方や感じ方を受け入れる心の余裕が生ま れるのです。

日記は思考の自由な流れを妨げないので、創造力や直感力をつかさどる右脳を刺激し、 より独創的な解決法が見出せるのです。 日記を書くことで自分の感情としっかり向き合うことができます。そうすれば、夢や情 熱、恐れ、そして変化に必要なものも見つけられるでしょう。また、ありのままの自分でいることが心地良く感じるようになって自信が生まれ、人間関係や状況、必要なものが はっきり見えるようになるため、より良い方法で対処できるようになります。

医学的にも日記はいい!

日記によって感情を解き放つことは副作用のない抗うつ剤でもあります。心理療法を受けている外来患者を対象におこなった2008年の研究によると、感じたことを書く課題を与えられた患者は、感情とは無関係のことを書く課題を与えられた患者に比べて、不安や抑うつ症状が大幅に軽減されました。

日記には健康的なストレス管理という役割もあり、幸福度を上げてくれます。感じたことを書き留めることによって、感情を自分の中に閉じ込めるのではなく、外に解き放つことができるからです。そのため、おだやかで幸せな気持ちになり、マイナス思考に陥らずにすみます。さらに、良いことがあったときも日記に書き、ポジティブな気持ちをたっぷり味わうようにしましょう。

まずははじめよう!

まずは5分だけ書いてみて – 日記はもちろん義務ではなく、気楽なものです。初めて取り組むときには、1日5分だけ、などと目標時間をもうけると習慣化できます。

考えすぎずにとにかく自由に日記にルールはありません。自分について、そして感情、経験、考えを書けば良いのです。言葉が自然に出てくるのにまかせ、書いている内容について考えすぎずにどんどん書き連ねましょう。ていねいに書くとか美しい文章を書くとか考えずにとにかく自由に!
テーマを決めると書きやすい。
何を書いたら良いのかわからず、行きづまってしまったときには、今この瞬間にどう感じているのか書くことから始めましょう。その日、あるいはその週のテーマを決めるのも良いですね。たとえば、人間関係や仕事、夢、心配事など。
書いたことはあなただけの秘密 プライバシーを守る方法はたくさんあります。パソコンならパスワードをかければいいし、鍵をかけた棚にしまっておくのもいいでしょう。安心して、好きなように、グチでも 妄想でも悪口でも書いて良いのです。
写真でもイラストでも動画でもOK – 日記は文章である必要はありません。さまざまな方法を使ってみましょう。写真や動 画、音声記録、絵など、好みのフォーマットを活用しましょう。日記帳に書くのでは続か なかったという人も、スマートフォン の日記アプリや写真日記なら続く可能性が高いですよ。
変わっていくあなた自身を書き留めてこれから、あなたは本書ととともに多くの変化を経験することになります。こうした進 歩や努力、自分の中で起こっている変化や感情も日記に書き留めておきましょう。         ----ブレット・ブルーメンソール----

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする