芸能

二階堂、大泉の評判・評価は上昇!【画像】ジャニーズの紅白は失敗・成功?

NHKの紅白歌合戦で話題になるのは出場アーティストだけではなく、司会が誰になるのか。
今回の第71回NHK紅白歌合戦の総合司会は内村光良(56)、紅組は二階堂ふみ(26)、白組は大泉洋(47)となり
素晴らしい掛け合いで大好評となった!

内村光良に関しては、今やテレビ番組を最も安定させる貴重な存在となった。そのため内村光良を総合司会に置けばある程度のことが想像できる。
そこに今回がはじめての二階堂ふみと大泉洋がどのくらい絡んで行けるかが焦点となっていた。
ふたを開けてみると、二階堂ふみの言葉のセンス、スタイル、歌のうまさが際立ち、大泉洋の笑いのうまさが内村光良と完璧に融合してこれまでにないくらい完成度の高い司会だったと言える。

スポンサードリンク
もちろん今回はコロナ下であり、無観客であったためこれまでと簡単に比較することはできないのであるが、その掛け合いは決して今回の条件だったからではないと言ってよいだろう。

特に印象的だったのが、二階堂ふみの司会としての責任感と、自身がVTRで歌った歌唱力のインパクトは本当に大きなものがあった。


総合司会の内村光良がうまくふたりを助けていたとはいえ、二階堂ふみの適材適所で発する言葉と、表情からはこの紅白を絶対失敗させないという強い思いが感じられた。

そして二階堂ふみ自身は東京ディズニーランドにて氷川きよし(43)と共に紅白 ディズニースペシャルメドレーを熱唱!
このドレス姿の美しかったこと、そしてまるでディズニーのプリンセスのような綺麗なお顔、そしてそしてミュージカル歌手を上回るような歌唱力で、多くの人々を魅了した。
本当に美しかった。

スポンサードリンク

その一方で失敗したのはジャニーズではないだろうか。

今回はなんとジャニーズからは7組(Snow Manにコロナ感染が出たということで実際は6組)もの、グループが出場した。
しかし、彼らが出た時間帯の視聴率を調べてみると、去年を下回った結果となった。

その上、NHKは当初、嵐を司会もしくはトリと考えていたのだが、嵐は東京ドームライブを開催することとなり、計画の変更に迫られた。
これだけのジャニーズを出場させながら、このような事態となり、うらぎられたような気持ちになっている。

視聴率が取れない上に、裏切り行為と、今後はジャニーズに頼る必要すら感じなくなっているという。
もちろん、ジャニーズ出場時間の視聴率がドン!と伸びているのであれば仕方がないが、世間からもジャニーズ離れが進んでいるのではという声すら聞こえてくる。

ジャニーズと言えば、関ジャニ∞の村上信五(38)が紅白の司会に意欲を示してきたが、この一件でまた司会の話は遠のくと考えられる。

スポンサードリンク

まとめ

名前:二階堂 ふみ(にかいどう ふみ)
生年月日:1994年9月21日
職業:女優、タレント、写真家
出身:沖縄県那覇市
所属:ソニー・ミュージックアーティスツ

名前:大泉 洋(おおいずみ よう)
生年月日:1973年(昭和48年)4月3日
職業:俳優、タレント、声優、作家、歌手、コメディアン、ものまねタレント
所属:CREATIVE OFFICE CUE、演劇ユニットTEAM NACS

率直に今回の司会の3人、内村光良、二階堂ふみ、大泉洋は、このコロナで沈んだ日本に力を与えるような素晴らしい司会であったと言える。

そして二階堂ふみのもつポテンシャルは本当に高く、今後の仕事の幅を大きく広げたと言ってよいだろう。大泉洋に関しては、笑いを司会に取り入れよりそのトークテクニックを全国民に見せつけた形となった。

2021の紅白もこのメンバーでよいのではと思えるほどだった。

あわせて読みたい記事↓

紅白の司会なぜ大泉洋と二階堂ふみ?選考理由・起用理由は?厳しい年だった2020年の紅白歌合戦の司会が大泉洋と二階堂ふみ?選考理由・起用理由をプロデューサー二谷さんの説明と一緒に徹底的に分析してみました。この年を明るく乗り切って、すばらしい新年を迎えるために人選だったといえるでしょう!...

あなたにおすすめの外部記事↓

司会者 | 第71回NHK紅白歌合戦