最新の新潟のカフェ情報!おすすめの人気店を紹介!おしゃれにランチ。


[出典元:MACHITOKI]
新潟はもはやカフェ激戦区。
素敵なお店がどんどんできています。そんな新潟の通いたいお店を紹介していきたいと思います。あなたにぴったりのおすすめの人気お店をいち早くお伝えします。
人それぞれお店の好みがありますが、お友達、彼女、彼氏を連れていきたくなるような素敵なカフェをピックアップ。
おしゃれにランチしたくなるとっておきを紹介します。

≪選考基準≫

  • その店がブームとしてではないこと。
  • ゆっくり落ち着けること。
  • メニューが美味しいこと。
  • お店が素敵であること。 etc

スポンサードリンク

どんなお店が人気になっているかをチェック!

話題を集めているカフェ、ずっと愛されているカフェはやっぱり小手先のブームに乗ったお店ではなく、しっかりと店の売りがあり、落ち着けるお店である。
東京などではタピオカが流行れば、タピオカのお店と言ったようにブーム後に店を閉めることを前提で出店されることも多くあるが、ブームはブームで終わってします。

そうしたお店は、紹介することはできません。
それは、カフェ云々ではなく話題性として一時の流行であり、お店のポテンシャルは関係ないからです。ここで紹介させて頂くカフェは、店としての魅力が詰まっているか否かです。

それでは紹介してゆきたいと思います。

一番最初に紹介したいお店は、

加茂市にあるカフェMACHITOKIです。
このお店は加茂市の文化財である旧郵便局を改装したカフェで、とにかく落ち着きます。

≪建物の詳細≫

近代建築を想う。

加茂市指定有形文化財 旧七谷郵便局

この建物は、建てられてから70年以上の年月が経っておりますが
ほとんどその形を変えず現在に至っています。

設計は県庁の技師に依頼し、加茂の名大工、佐藤定一棟梁の施工です。

屋根は瓦葺の寄棟で、正面玄関上にはマンサード屋根、縦横の
下見板張りペンキ塗り外壁に、窓枠や破風の白い線が洒落た雰囲気を
奏でています。

よく見ると、玄関扉の彫刻欄間や隅棟瓦の先に逓信業務のシンボルで
ある「〒印」も見られます。

業務室内部は木床に腰板と洋風の造作ですが、応接室兼局長室の
床の間や天袋地袋の建具には、大変凝った和風の意匠が施されています。

この小ぶりな建物の中に、和洋折衷の職人の技と魂が寄り添い、昭和初期の
面影を今日に伝えています。

愛らしい「こだわりと簡易」

なんだかおもしろい。

こだわりの建築。その中にちょこちょこある簡易。

昭和56年、この建物は郵便局としての役割を終えました。
そしてお休みの時代に入るのですが、その後ちょこちょこと
簡易的に事務所などに使われ、その仕様に合わせて改装されました。

そのため、もともとのこだわった建築と簡易的な部分とが入り混じる
建物になっています。

なんだかそこが愛らしい。
テキトウではなく「適当」。
その暮らし、仕事に適した改装がされ、その時その時に流れた時間の
跡が残されています。

建物内には、今でも郵便資料が残っておりご覧頂くことができます。

旧七谷郵便局の歴史

・1926(大正十五年):七谷にも「七谷郵便取扱所」が設置されました。

・1935(昭和十年二月十一日):七谷郵便取扱所は三等郵便局に昇格して七谷郵便局となり
七谷一円の郵便集配を行うことになりました。
取扱業務は、貯金預入と払戻、為替振出と払渡、書留、小包の引受、切手類の
販売など限られた範囲でした。
そしてこの年、現在の加茂市指定有形文化財の旧七谷郵便局を独立局社として
新築し、十月二十五日に移転しました。

・1941(昭和十六年):郵便事業と共に電話交換事務を開始しました。

・1981(昭和五十六年):七谷に国道290号が新設開通し、それに伴い郵便局舎の新築移転に
よりこの局舎は使用廃止となりました。

・2001(平成十三年):新潟県加茂市指定有形文化財に指定されました。
七谷に郵便取扱所を設置するまでは、地元の並々ならぬ努力があったそうです。

土日は混みあうため、並ぶこともありますが、平日はランチの時間を除けば大丈夫。(追記.最近は平日も混んでいる)
上記のように本当に素敵な落ち着いた雰囲気で、時間の流れを忘れてしまうほど。
大切な人を連れていきたいNO.1カフェです。

メインメニューはしらたまあんみつ。
オーナーの実家が古い白玉屋さんとのことで、こだわりの白玉粉から作られた白玉団子はもっちもちでプルプル!いろいろなお店があんみつを出しているけれど、団子のおいしさはこのお店が一番。


[出典元:MACHITOKI]
そしてMACHITOKIはこれまでスイーツとドリンクだけだったのが2020年、ついに食事メニューが追加された。地元の野菜などの食材を使ったメニューは、新鮮でおいしい!
そして顔の見える食材はすごく安心!

是非、一度は足を運んでみてください。

スポンサードリンク
今回は、もう一店舗紹介します。(カフェ紹介は今後続きます)

カフェウインズ/バナナウインズ

こちらはMACHITOKIとは反対に山ではなく海です。
海のすぐ隣というわけではないのですが、海風が吹いてくるとっても素敵なお店です。
新鮮な海の幸を存分に堪能することができます。
夏はなんだかハワイにみたような感覚になります。

元気の出るカフェ・ウインズは、30周年!
記念日レストラン バナナ・ウインズは、23周年!
皆様のおかげで、ここまで店を続けることができ、とてもとても感謝しております!

皆様に飽きずにご来店いただけるよう、2012年にはキッズルームをカフェに増設し、ウインズ公園もリニューアル、バナナ・ウインズ側展望テラスも増設いたしました!
そしてこのたび、ウインズはなんと宿泊もできるようになりました!
大人4,000円(税別)、小人(小学生)2,000円(税別)の素泊まりのみですが、ウインズでたっぷり飲んでしまっても、そのままロッジベルウインズにて宿泊可能です!お部屋さえ空いていれば当日予約もOK!お気軽にお申し付けください。

あわせて読みたい記事↓

大人気になったタピオカ! まさにブームという言葉がぴったりの大流行でしたね。 そしてそして次のタピオカと密かに言われているのが白...

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする