那須川天心vs武尊はあるのか?天心と皇治は判定。ダウンなし【画像】


[出典元:yahooニュース]
9月27日に総合格闘技イベントの「RIZIN.24」が開催された!(さいたまスーパーアリーナ)メインは“神童”那須川天心(22)と元K-1戦士の皇治(31)の一戦!
結果は、天心の判定勝ち。

この一戦は、戦前からかなりの注目を浴びていた。
そしてほとんどの予想が天心の圧倒的な勝利だった。
タフさ以外に皇治が天心に勝っているところはなく、早いラウンドで終わるのではないかという予想も多かった。

しかし結果、最後までダウンシーンを見ることはなかった。
そんな一戦を振り返るとともに、あの男、そう武尊と那須川の一戦はあるのかを検証しよう。

スポンサードリンク

那須川天心vs武尊はあるのか?

キレキレのスピ―ド技とテクニックで圧倒した那須川天心。
ドロップキックまで出せる余裕があった。結果は3-0で判定勝利した。
判定になった時に、誰もが思ったことは那須川が皇治をKOできなかったことだろう。
判定の結果なんて大した興味はなかったはず。

そしてもう人々はこの試合ではなく、次のことを考えているに違いない。

K-1で活躍する武尊と天心というキック界の2大スターと戦った皇治は、敗戦した試合後に「負けたオレが言うのもなんやけど、武尊の方が(天心より)強い」と言い放った。そして皇治はリング上で天心に武尊戦の実現を提案したという。

天心は今後ボクシングを主戦場にする計画を立てており「キックは残り10試合以内」と断言している。天心は今後どんな決断を下すのか。
ただひとつ言えることは、もし武尊から天心に試合の提案があったなら間違いなく実現するだろう。天心が挑戦を断って違う道へいくはずがない。

答えは、今後どこかのタイミングで間違いなく那須川天心vs武尊は「ある!」
楽しみに待っていましょう!

スポンサードリンク

天心は本物か?天心vs皇治戦の振り返り


[出典元:yahooニュース]
攻めて攻めて攻めまくった天心だったが、結果は判定勝利。
この試合で誰もが注目していたことは勝敗ではない。天心が皇治をKOするかどうか。もしくは何ラウンドでKOするか。
それくらいの差があると感じていた。

試合の展開は予想通りだった。
スピードとテクニックで天心が皇治を圧倒。皇治はただただ受け身にまわった。しかし皇治は倒れない。
飛び膝で左目上を裂く一撃があったがそれもダウンにはならない。

最初からどんどんプレッシャーをかけ、スピードに乗ったワンツーでペースをつかんでいく天心。

「これは当たるなと(飛び)膝蹴りを練習していた、ジャブを打つと頭を下げるクセがある。でも思った以上に頭が低くてちょっとミスった」
皇治のクセを見抜いての頭脳的な一撃である。

天心は左のカウンターを狙っていた。しかし皇治が出てこず、攻めに入る。
細かいコンビネーションと胴回し蹴りまで出した。やりたい放題状態の1ラウンドを終える。

「打たれ強いが、スピードも技も僕が上。相手の技も全部見えた。めちゃくちゃ誘ったんですが、こなくて、僕が試合を作っていった感じ」とは、天心の回想。

皇治は、天心はカウンターが得意なので下手に手は出さずに詰めていく作戦だった。
しかし神童は距離をとるのもうまく、スピードも予想を超えていた。殴り合いにいく予定だったがそこまでもいけなかったと皇治。


[出典元:nikkan]
皇治は元WBA世界スーパーフェザー級スーパー王者の内山高志氏にボクシング指導を受けた上に作戦を練り上げてきたが、天心のスピードの前に何も出すことができなかった。
2ラウンドに入っても展開は同じで、ずっと同じ景色を見ているような感じだった。
ただこの試合の唯一の皇治の見せ場があったとすると、天心の右フックから左ボディの高速コンビネーションに合わせた右フックで天心がのけぞった。

本当にここだけだった。

しかし逆に天心の左のストレートをまともに食らってふらついた。
天心は圧倒的な展開にも関わらず、油断した様子はなく、丁寧に動きながら距離を測って戦っていた。そのため皇治は天心にまともに触れることもままならない。
余裕の天心はプロレス技のドロップキックまで飛び出した。

最後まで天心劇場は続いたが、エンティングが抜けていた。フルマークの判定勝利とは言え、負けたような感覚になった。

試合後にダウンしなかった皇治への評価もかなりあってなんか不思議な気持ちにもなる。
しかし天心はこう言っている。

「立っているだけで、すげえ、というのは違う。試合前から、倒すか、倒さないでは試合が成立していない。そこに腹が立っていた。格闘技の本質を思い出して欲しい。盛り上げることも大事だが、それだけじゃダメ。今回の試合でわかったと思う。会場はシーンとしていた。絶望を与えよう、それがテーマだった。皆さんは、皇治さんに希望を持っていた。でも、そうじゃない。温度差をしっかりと見せつけたいと思って試合した。圧倒的に相手のいいところをひとつも見せない。そこは出せた」

スポンサードリンク

まとめ

天心と皇治の一戦は、天心劇場であった。
多彩な技、スピード、余裕のドロップキックなど。そして危ない場面、いやそれ以前の皇治の攻撃場面すらほとんど思い出せない。
そして、注目のダウンシーンもなかったということ。
皇治のタフさは確かなものだった。

そして天心vs武尊はどうなのか?私は今後絶対に実現すると思っている。

あわせて読みたい記事↓

2020年9月27日にさいたまスーパーアリーナで開催される「RIZIN.24」の注目の対戦が発表されました。那須川天心(22)と元K...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする