餅の選び方!特徴を理解して購入しよう!

冬と言ったらはやっぱり餅ですよね!
スーパーで買う人、デパートで買う人、ネットで買う人いろいろいると思いますが、ところで餅ってどんな選び方してますか?

値段だったり、味だったり、元々好きな餅が決まっていて毎年リピート購入したり。
この冬は是非!餅の選び方にもこだわってみませんか?

実は餅って種類があるんですよ!
それではこの冬、本格的に餅を選びたい人に餅の選び方を解説させて頂きます。

スポンサードリンク

餅の選び方はこれ!

さて、餅と言ってもいろいろな食べ方があります。
どんな食べ方が一番好きでしょうか?

磯辺焼き、おしるこ、お雑煮、きなこ餅など、いくらでも出てきますね。
シンプルに砂糖醤油で食べるのもいいですけどね(^^)

ところであなたの好みの食べ方に適した餅を選んでいますか?
そうなんです。実は餅と言っても特徴があるんですよ。

の特徴は、「水分量」でかわってくると言って良いと思います。

スポンサードリンク

餅の水分量とは?

餅の水分量とは、読んでそのままで「餅が含んでいる水分の量」のことでございます。

餅が含んでいる水分が量が多いとどうなの?

水分量の多い餅のメリットと特徴は、ズバリ「焼きに適しています」
餅にたくさん水分が含まれているため、焼いた時に水分がしっかりと残っており、ふっくらもちもちに焼きあがります。

その逆に水分量が少ない餅はどうでしょうか?
これはすごく残念はことに、外だけがカリカリに焼け、中に空洞が出来てほとんど中身がないような焼き上がりになるんです。水分がほとんど蒸発してしまうんです。

なので、焼いて食べるのが好きな人は絶対的に水分量の多い餅を選びましょう!!!

待ってください!

水分量が多い餅でどうやったらわかるの?って思いますよね。
実はこれ、すごく簡単にわかります。

包装形態を見たらすぐにわかりますよ!

スポンサードリンク
ズバリ!真空包装になっている「板餅」(イタモチ)は間違いなく水分量が多いです!
板餅は、搗き立てをすぐに真空パックするため、水分を大量に含んだ状態で包装されるんです。

板餅がほしいという人は、ネットで買うのはベストです。
板餅は古い包装形態なので、売っていないお店もたくさんあります。でもネットで「板餅」と
検索すれば確実に出てきますので(^^)

と、いうことで「焼く」に適した餅は「板餅(イタモチ)」です!

では煮るに適した餅は?

はい(^^)「煮る」に適した餅は、ズバリ「切餅(キリモチ)」です!

切餅は、餅をついた後にまず、あえて水分を飛ばします。

水分が飛んだ後に、丁度良いサイズにカットに包装します。
つまり板餅よりも断然水分が少ないんです。

ちなみに水分量が多い「板餅」は茹でたらどうなるの?って思いますよね。
水分量が多い餅をゆでると、だらけやすい(溶けやすい)傾向があります。

つまりその逆で水分量が少ない切餅は、茹でても溶けにくく、しっかりと形を残すので茹でる場合は断然、水分量が少ないものを選びましょう!

ちなみに、切餅を選ぶポイントです。
もちろん、普通にスーパーで販売されている大手メーカーの餅も「切餅」というジャンルになるのですが、より切餅らしいものをお求めの場合は、個包装ではなく、切られた餅が1パックにすべて入っているものを選びましょう。

これは、包装時に水分を飛ばした後にパック詰めをしているので、水分量は少なく「煮る」に適したものとなっております。

なので、「煮る」に適した餅は「切餅」です!

大手メーカーの餅は?

ズバリ、大手メーカーの餅は安定していますよね。
大手メーカーはわざわざ「焼き」や「煮る」などのジャンルでは考えておらず、どちらでも対応したものを作っています。

実は、それってあることでわかるんですよ。
誰もが知るあの餅やあの餅って、スリットが入っていますよね!!

あれは、どうして入っているかというと、焼いた時に変な場所から爆発しないようにあらかじめ切れ目を入れておき、膨らんだ場合にそこから外皮が割れてくれます。

逆をいうと、爆発しやすいんです。それを防いでいるんです。

ということは?
はい(^^)そうなんです。

先ほどお伝えしましたように、大手メーカーは、煮た時にとけるような餅は作っちゃだめなので、水分量たっぷりという餅を作ることができず、丁度中間の餅を作らなくてはなりません。

なので、水分量が満たされていなくどうしても辺に爆発傾向にあるのですが、スリットを入れることできれいに焼けるんです(^^)

つまり大手メーカーの餅は特徴はないものの安定して万能なんです。

まとめ

餅選びはあなた次第です。
調理法に特化した餅を選ぶのか、安定したものを選ぶのか。

私個人的な見解を言いますと、お正月のような特別な日は、価格は高めの調理法に特化したもの。おすすめは「焼く」という調理法で「板餅」を進めさせて頂きます。

そして特別な日ではなく食べるのであれば、大手メーカーの餅をおすすめします。

参考になりましたでしょうか?

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする