南野拓海、リバプールで初得点!アーセナル相手に貴重な得点!この試合の評価は?


[出典元:サンスポ]
8月29日コミュニティーシールドで行われたアーセナルとの一戦でついにリバプール移籍後、初得点をあげた。 アーセナル1-1(PK5-4)リバプール]
リバプールは試合には敗れたものの、南野個人としては祝うべき一戦となった。

日本代表の南野はリバプールに移籍後、これまで得点もアシストもまだなかった。
是が非でも数字に表れた結果を残したかっただけに、この得点で大きく何かが動いてくれることを願いたい。

そんな貴重な得点を含めた南野のこの試合の評価をしていきたい思う。

スポンサードリンク

南野リバプールvsアーセナルの試合展開と結果

試合は、前半12分にオーバメヤンが決めてアーセナルが先制に成功。
なかなか素晴らしいボールでした。
1点をリードをしたアーセナルは、攻撃に向か追加点を狙うというよりも守備を固める姿勢を見せ、リバプールは思うように攻めることが出来ない時間が続く。
フィニッシュまでもなかなかもっていけない。
膠着状態が続く中で59分に南野拓実を投入。

そしてゴールが生まれたのは73分。
ついに決めた貴重なゴールである。

ボックス内でモハメド・サラーとのコンビネーション、ワン・ツーを試みましたが、そのボールは相手DFに当たり再び南野の元へ。キーパーと1対1となり、落ち着いてゴール右隅に突き刺した。

[8.29 コミュニティーシールド アーセナル1-1(PK5-4)リバプール]  リバプールに所属する日本代表FW南野拓実が待望の加入後初ゴールを挙げた。  29日、2020-21シーズンのプレミアリーグ開幕を告げるFAコミュニティーシールドが行われ、リバプールはアーセナルと対戦。ベンチスタートの南野は後半14分から出場すると、チームは先発の4-3-3の布陣から4-2-3-1に変更。南野は2列目の左に配置された。  すると、0-1で迎えた後半28分に待望の得点が生まれる。FWモハメド・サラーがPA内にパスを送り、混戦に。PA中央の南野は冷静にボールを拾い、右足シュートでゴール右隅に決め切った。南野にとってリバプールでの公式戦初ゴール。クラブにとって2020-21シーズン最初の得点となった。  南野は昨季途中まで所属していたザルツブルクで、リーグ戦5ゴール6アシスト、UEFAチャンピオンズリーグ2ゴール3アシストを記録する。その活躍が認められ、19年冬にはリバプールに加入し、日本人4人目となるプレミアリーグ優勝を経験。しかし、公式戦14試合で無得点に終わっていた。  試合は1-1の同点のまま、PK戦に突入。リバプールは4-5でアーセナルに敗れた。だが、南野にはひとつの契機になる今シーズンの幕開けとなった。

スポンサードリンク

この試合の南野評価

リバプールは南野が交代時に4-3-3から4-2-3-1にフォーメーションを変更し、その形にフィットできたのではないかと思う。
攻撃の枚数が1枚増え、細かなコンビネーションで相手陣内に侵入していく。
味方との息はすごくあっていた。

ゴールも良かったが、その前のミドルシュートも悪くなかったし、マネから受けてターンする所も鋭かった。そして倒れても諦めないでボール取りに行く姿勢がよく見えた。

そして今回の交代は勝っている試合を終わらせるためではなく、1点ビハインドの中での投入は当然、試合を流れをかえてゲームをひっくり返ずためのもの。
つまり戦力としての位置づけであり、クロップから一定の信頼を得ていることがわかる。

もちろん良いゴールだったし、PK戦に関してもブリュースターが外して悪い流れになりかけたところを思いっきりど真ん中にぶちぬいたことで、チームとしての勢いがついた。
そして得点をしたこともあり、その後のゲーム内、PKでも自信を感じた。
試合後の表情も敗れた悔しさよりも、今後は自分がチームを引っ張っていくような頼もしさまで感じてしまった。このゴールがきっかけになって今後爆発してほしいところだ。

スポンサードリンク

この試合のまとめ

まだまだ完成形とはいかないが、チームとしての連携はできてきている。
南野はキープ、ポスト、シュートなど総合的にまずまずであり、連携もすごくよくなってきている。正直、ゴール前でパスではなく振り返ってシュートを打ってほしかったが、細かなところで前は見えていないかったと思う。
ストライカーであれば、常にゴールを意識しているので、あそこで打っていただろう。
完全点はまだまだあるが、まずはファーストゴールであることはまぎれもない事実であり、祝うことである。

今後の活躍に期待したい。

あわせて読みたい記事↓

https://happyterminal.net/page/9

日本代表の南野拓実のリバプール(イングランド)とこちらも日本代表の 遠藤航が所属するシュツットガルト(ドイツ)が親善試合を行い...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする