芸能

松本潤の大河主演は期待していいのか?【不安と大丈夫が入り混じる】

活動休止中、嵐の松本潤がNHK大河ドラマの主演が決まりました。
この話題に大きな期待と不安が入り混じっています。
果たして大丈夫なのでしょうか?

活動休止後の嵐にとって初のビッグにニュースになると思います。
では松本潤が大河ドラマの主演は務まるか考えてみたいと思います。

スポンサードリンク

松本潤の大河ドラマの主演、期待と不安

人気の松本潤だけに今回の大河主演抜擢で大きな期待が寄られています。
そしてその一方で不安の声も多数寄せられているのも事実です。

では主演として見たいかどうかではなく、しっかりとその役が務まるかどうかを考えてみましょう。

松本潤さんが主演を務める大河ドラマは、2023年放送の「どうする家康」という脚本・古沢良太の新たな視点で誰もが知る歴史上の人物である徳川家康の生涯を描くというものです。

従来の大河ドラマの主人公であれば、現状の松本潤はフィットしないと考えますが、古沢良太が脚本を書く、徳川家康であればうなずける気がします。
完全たる大河の主役像ではなく、どこか間の抜けた感じが逆に味として醸し出される可能性もあります。

スポンサードリンク

脚本の古沢良太も、「主演の松本潤さんは、華やかさと親しみやすさを持ち合わせ、私の描きたい主人公像 ナイーブで頼りないプリンス」にまさにピッタリと言っていて、あえて完成度の高い演技ではない松本潤を抜擢したという可能性も否定できない。

結論、この大河ドラマに関して言えば、最初は違和感があるかもしれないけれど、次第になじんでいくと思います。 NHKの朝ドラの「あまちゃん」が最初はPOPさが強すぎた感がありましたが、最終的には大ヒットだったように。

期待しましょう!

松本潤の演技・お芝居・俳優としての評価、評判は?

今まで松本潤が出演したドラマは、花より団子などヒットしたものもいくつかありますよね。ただ、ドラマのヒットと演技のうまさがイコールかと言えば、それは決してそうではありません。

アイドルとしての人気で視聴率を稼ぐ番組もあれば、その人が見たいということで人気になる番組もあります。

そこで今回、2023年のNHK大河ドラマで主役に決まった松本潤の評価を考えてみましょう。

ネガティブな評価としては、「ぼくらの勇気 未満都市」では、関西弁を話す役でしたが、やはり関西人じゃない人が話す関西弁でしたね。
特に関西の人は違和感があったのではないでしょうか。

これはネット上で多くの人も触れている意見です。

そして、棒読みや表現力が低いなどのコメントなどもありますが、松本潤さんを分析すると、はまり役があってはまり役の場合は誰よりもその役に適任と感じさせてくれます。
わざとらしさが逆に映える二枚目キャラなどは最高にフィットします。

今回、大河ドラマというこれまでに経験していない舞台であり、経験していない空気のドラマですよね。はっきり言って未知数であり、ネガテイブなコメントもたくさんありますので少し紹介させて頂きます。

スポンサードリンク
家康はイケメンではないんだし、濱田岳とか実力のある俳優に大河の主役をやらせてほしい。イケメンではなくて、上手い芝居が観たい。
大河の主役俳優がどんどん軽量級になっていく。民放と変わらないドラマだね。
大河の主演くらい演技力で選んでほしい
日本で良い俳優が育たない理由がまさにこれだね・・・

現状では大河の主役は難しいという意見が多数です。
これをどう巻き返してくれるでしょうか。楽しみですね。

松本潤の時代ドラマを分析!

松本潤が主演した時代ものと言えば、2019年7月15日に放送された「永遠のニシパ 北海道と名付けた男 松浦武四郎」です。

ご覧になられた人でしたら感想は同じかもしれません。

内容は「北海道」という名前のもととなる「北加伊道」を提案した探検家の松浦武四郎が先住民アイヌとの交流を描いたものである。

このドラマは、とにかく内容が薄くシリーズドラマの総集編を見ているようだと酷評されました。深堀しないため、出会いや発見がすべて簡素で心に全然入ってこないようなドラマでした。

このドラマに関して分析をしてみますと、脚本が悪いというのは間違いないのですが、主演の松本潤の演技力が、低評価に影響したかどうかです。
このドラマのレビューで私と同じ意見があったので紹介させて頂きます。

「松本潤は、松浦武四郎のセリフを覚えることが精一杯で、松浦武四郎の喜怒哀楽の感情を表現することが出来ていなかった。」
これは俳優にとってすごく残念な意見ですよね。

よい俳優は、セリフ抜きにしてその人を語ることができるんですよね。
表情やしぐさ、間や含みなど。
このドラマでの松本潤は正直なところお粗末だったと言っていいと思います。

本名:松本 潤(まつもと じゅん)
生年月日:1983年8月30日(37歳)
出身:東京都豊島区
職業:俳優、歌手、タレント
事務所:ジャニーズ事務所

まとめ

松本潤の演技力に対しての評判は決してよいものではありません。
ただ役にフィットした際は、誰よりもその役の適任になります。

2023年のNHK大河ドラマではどのような家康になってお茶の間を楽しませてくれるでしょうか。良くも悪くも松本潤のファンにとってもものすごく誇らしい抜擢でありますし、1年間楽しみが尽きない日々になるかもしれませんね。

あわせて読みたい記事↓

香取慎吾【44歳誕生日の画像!】ハッピーバースデー!今現在の位置は!元SMAPのメンバーでありタレントの香取慎吾が1月31日に44歳の誕生日を迎えました!ハッピーバースデー! もうスマップの最年少も...
吉沢亮大河【青天を衝け】キャスト発表!注目は華丸、磯村、深川!役名も紹介! 2021年のNHK大河ドラマ「青天を衝(つ)け」は今をときめく人気俳優である吉沢亮(26)が主演の務めることで話題となっています...
手越祐也【モテる理由は】なぜ人気なのか?そしてスーパーポジティブお騒がせタレント手越祐也はなぜ人気?!これだけ騒動起こしているのにモテる理由はなぜ?それはスーパーポジティブで強靭なメンタルへの憧れ?!実は努力家でボイストレーニングを人知れず頑張っている!!...