ラランドのサーヤがかわいい!恋人(彼氏)はいるの?学歴(学校)は?


[出典元:マイナビ2018]
2019年M-1の準決勝進出者25組の中に「ラランド」というコンビがいる。
このふたりはどこの事務所にも所属しておらず、いわばアマチュアです。
しかしそれからジワジワと知名度を増してゆき、今はお笑い第七世代としてしっかりとその位置を確保しています。

そして実際に2019年のM-1のネタはすごくおもしろかったです!
そんな彼らに関して知りたいことがたくさんあります。
アマチュアということもあり、一人は学生、一人は会社員ということなんです~~~。
そして女性の方サーヤさんがなにやらかわいいとうわさになっています。
そして学歴にも注目が集まっていますね。学校はどこなんでしょうか?

そんな今、大注目のラランドを調べてみました!

スポンサードリンク

ラランドの簡単な略歴

日本の男女お笑いコンビ。2020年9月現在、芸能事務所には所属しておりません。

略歴
コンビ結成は2014、上智大学の同級生だったニシダとサーヤ。
(ニシダは1浪の為、年齢は1歳年上)
その後はニシダは2度の大学退学をしたのち、サーヤは広告代理店に勤めながらコンビの活動を行っていく。
彼らは事務所に所属しておらずフリーで活動しており、ラランドのマネージャーである「マネたく」と3人で活動をしている。

サーヤが会社勤めしているため、ライブはだいたい休日や平日の夜に月に10回程度。
2019年のM-1では、アマチュアでありながらなんと準決勝に進出の快挙。

アマチュアが準決勝進出したのは、2009年のいけばな教室、志ん茶以来。準々決勝が導入されてからは初の快挙である。
基本的にはコント漫才であり、多彩なキャラを演じるサーヤが軽快にボケていくスタイル。
世代でいうとお笑い第七世代。

二人の出会い
上智大学外国語学部イスパニア語学科の同級生としてふたりは出会う。
実は最初、ふたりは大学のアカペラサークルに入ろうと新入生歓迎会に参加したのだが、ふたりともにその雰囲気になじめずにいたらしい。その後、サーヤがお笑いサークルに入った。その際に先輩から「太った人か外国人がいたら連れて来てくれ」と頼まれ、同じ学科のニシダを連れてきて入部させた。

サーヤは、ニシダの最初の印象は、かなり悪かったらしい。
なんと「早稲田にも受かった」と教室で言いふらしていたらしい。
そんなラランドはこのお笑いサークル時に結成された。
ちなみにコンビ名の由来は天文学者、ジェローム・ラランドが発見した星「ラランド21185」からきているとのこと。
ニシダがアカペラサークルに入ろうとした理由は極めて不純であり、胸の大きな先輩がいたかららしい。

最近の簡単な経歴
2019年「M-1グランプリ2019」準決勝進出。
2020年4月5日、YouTubeチャンネル「ララチューン」を開設。漫才の他、YouTubeでのオリジナル企画を配信する。
2020年6月14日、初の冠番組(ネットラジオを除く)『ラランドの化けの皮』(TBSラジオ)を放送した[1]。

と、いうことで、大学は上智大学とのこと。
秀才ですね。芸人には秀才な人って結構いますが、そういう芸人のネタってどこかインテリジェンスなところがありますよね。

スポンサードリンク

実はサーヤさんがかわいいと有名なので紹介させて頂きます。

生年月日:1995年12月13日生
出身:東京都出身
所属:会社員
本名:門倉早彩
学歴:上智大学外国語学部イスパニア語学科

サーヤさんは会社員とお笑い芸人を掛け持ちで頑張っています。


[出典元:]

サーヤさんに恋人は?

たくさん調べたのですがまったく出てきませんので、おそらくいません。ちなみにニシダさんとは付き合っていません笑

そろそろ芸人一本でいいのでは?

と、普通思いますが、ニシダさんは一度大学を退学し、再入学しているので、現在も学生なんです。まずしっかりと卒業してほしいということ(^^)
そしてサーヤさんは、裕福な家庭ではなかったにも関わらず、ずっと私立の学校に通わせてもらったという親への感謝から、しっかりとその分は返していこうということで、昼は会社員をしているんです。すごくえらい子ですね。関心しますし好感度が高いです。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする