休憩・休みを取ることで生産性は上がる!間違った労働はやめよう!

ひと昔前までは早朝から深夜まで仕事をする会社がいたるところに存在しました。
俗にいう「ブラック企業」というやつでです。
最近はいろいろな規制もでき、そのような会社は減ってきているものの、まだまだそんなことをやっている企業はたくさん存在しています。

でも実際のところほとんど休まずに仕事をしても間違いなくクオリティーは落ちているんです。やればやっただけいいという仕事もあるかもしれませんが、それなりに人のやっている仕事である限り「質」は求められるはずです。

この場合は、休憩をしっかりと取らないとすべてがマイナスに働くという研究結果が出ています。

スポンサードリンク

休憩をとった方が仕事は早く終わる!

「昼食を抜いてあと1時間がんばれば、この仕事を終わらせることができる」こんなセリフに聞き覚えはありませんか?
休みなく一生懸命がんばれば生産性を維持できると思うかもしれません。ところがこれは逆効果になることが多いのです。

休憩をとらないと、生産性や独創性が落ち、ストレスや極度の疲労を招くという研究結果が出ています。
定期的に短い休憩をとると、気持ちがすっきりしますね。脳に必要な休息が与えられるため、再びやる気が出て、課題に戻ったときにもう一度集中できるようになります。短い休憩は脳にとって休暇のような働きをするのです。

長時間同じ課題を続けたり、同じ問題に取り組んだりしていると、心が「麻痺」してしまいます。徐々に集中力を失って重要なことを見落とすようになり、その結果、スピードや精度が落ちます。肉体労働を伴う仕事であれば、事故の危険も増すでしょう。 一方、休憩をとり、何も考えない時間、仕事以外のことを考える時間を作れば、仕事 戻ったときに頭がすっきりし、新しい見方もできるようになります。

休憩は心身に物理的休息を与えることになるため、生産性も向上します。わたしたちの多くは、1日に長い時間、コンピューターやノートパソコンの前に座って仕事をしていますが、長時間同じ姿勢で座っていると、血流が悪くなり、酸素レベルやエネルギー レベルに悪影響を及ぼします。さらに、眼精疲労や疲労、背中や首の凝りだけでなく、 骨格痛や筋骨格障害を起こしやすくなり、能率の低下につながります。
要するに、 就業時間内に適切な休憩を組み込めば、集中力や仕事のスピードが増し、ストレスが減るのです。

スポンサードリンク

休憩をうまくとっていこう!

スケジュールにあらかじめ休憩を組み込んでいる研究を2001年にした結果。休憩時間をあらかじめ決めておいた方が、好きなときに自由に休憩をとるよりも効果が上がるという結果が得られています。

多くの人は目の前の仕事に熱中するあまり、休憩をとるのを忘れたり、休憩をとることを後ろめたく感じたりします。そのため、ほんの数分間仕事を離れる必要がある場合でさえ、離れようとしません。ベストな間隔で休憩がとれるように、スケジュールに組み入れておくことが大切です。

元気になれる休憩のとりかた

デスクワークが多い仕事の場合、ちょっとした運動をすれば、心拍数が上がり、脳や体じゅうを巡る酸素流量も増えます。 ・外を歩いて新鮮な空気を吸い、気分を一新しましょう。 ・立ち上がって、机の前やオフィスの中で5分間ストレッチしましょう。頭のてっぺんから足先まで、ひとつひとつの筋肉を伸ばしていきます。 ・トイレに行くときには、別の階のトイレを選び、階段を使いましょう。 ・同じ建物の同僚にメールや電話ですませず、直接オフィスに話しに行きましょう。電話をするときには立ったまましましょう。 ・食堂へ歩いていき、飲み物やヘルシーな軽食を買いましょう。

スポンサードリンク

今すぐできるリラックス法

5分間机から離れるのも難しいときには、次の方法を試してみましょう。 瞑想し、深い呼吸をする。読書する(仕事とは関係のないものを読み、脳の違う部分を働かせます) ・音楽を聴く(おだやかで静かな気分になる歌を聴きましょう) ・近くの人と話す。 ・昼寝をする(GoogleやAOLなどの大企業もエネルギーや集中力を回復する方法として取り入れています)----ブレット・ブルーメンソール----

まとめ

急いで苦痛の状態で仕事をやった場合、集中力、発想力、想像力すべてが落ちるということがわかります。そのため、休憩をとった方がよい仕事ができ、早さも早いということがわかりました。つまり早く帰りたいなら数分の休憩をとった方がいいんです。

あわせて読みたい記事↓

散らかっていていいことはひとつもありません。 パソコンしか見ないから机の上が散らかっていても大丈夫と思う人もいるかもしれません。 ...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする