芸能

桑子アナはなぜ【小澤征悦なのか?】その理由は?結婚は2021年内!どうしてこの時期

ついに大物カップルが結婚に踏み切るようだ!
NHKの顔と言っても過言ではない人気アナウンサーの桑子真帆アナウンサー(33)と俳優の小澤征悦(46)である。

交際が発覚したのは2020年の4月のこと。
新型コロナウイルスの影響からかもっと前から交際されていたような錯覚に陥ってしまう。
一時期は、マスクをしていない写真などもスクープされ避難された時期もあったが無事にゴールインしそうだ。

スポンサードリンク

桑子真帆アナウンサーはなぜ?小澤征悦なのだろうか?

桑子真帆アナは、夜から朝に和久田アナと交代になった時に、メインを和久田アナに奪われたなどとの憶測があった。
それは事実かもしれないし、そうでないかもしれないが、その後も紅白を含めたNHKにとって大事なイベントにしっかりと大役をこなしており、決してネガティブな立ち位置になったわけではない。

むしろまだまだ伸びしろがあり、良い意味で和久田アナよりもスキがあり、活躍の場は幅広いと言ってよい。
そしてまだまだ年も若く、これからのアナウンサーとしても期待されていたことだろうし、本人もそれを自覚していたに違いない。

そんな伸び盛り、人気盛りのアナウンサーが選んだのは、芸術一家の小澤征悦である。

知られた話ではあるが、父は指揮者の小澤征爾、従兄はミュージシャンの小沢健二である。
自身も俳優としてその実力とセンスをいかんなく発揮しており実力派俳優として名を轟かせている。

最近では日本テレビ系「スッキリ」の月曜コメンテーターを務めるなど活躍の場は俳優業の枠を飛び出している。

一見すると桑子真帆アナ > 小澤征悦と考える人がいてもおかしくないが、小澤征悦は芸能界を代表するモテ俳優としても有名であり、内面の魅力も持ち合わせている。

結婚は2021年内ということであるが、新型コロナの影響は収まるどころか拡大している昨今であり、かなり規模の小さな式・披露宴になることは容易に想像がつく。

そして一度、この状況下でマスク未着用でスクープされていることもあり、軽率なイベントはどう考えても控えるだろう。

スポンサードリンク

結婚を2021年内に決めた理由は?

これは、おそらく当初は新型コロナ明けがベストと考えていたと予想されるが、実際にコロナの終息が数年はかかると考えられるようになり、2021年に決めたのだろう。

これはあくまでも推測であるが、ちょっとするとかなり早いタイミングで結婚を意識していた可能性も否定できない。
しかし彼らはコロナ下で出会い、愛を育んだため、上記でもお伝えしたようにコロナ明けの発表を考えていたが、終息に時間がかかるとわかり最速の2021年内としたと考えることもできる。

スポンサードリンク

まとめ

いつも芸能人の結婚の際にお互いに、この結婚が仕事にどのような影響を与えていくかを考えてしまうのだが、このおふたりに関しては仕事にポジティブなことはあってもマイナスに働くことはあまり考えられない。

桑子真帆アナは17年にフジテレビの谷岡慎アナ(33)と結婚したが、翌年に離婚している。
小澤征悦は桑子真帆アナよりも10歳以上も年上であり、包容力にほれ込んだと言ってもいいかもしれない。

本名:桑子 真帆(くわこ まほ)
生年月日:1987年5月30日
職業:NHKのアナウンサー
出身:神奈川県川崎市

本名:小澤 征悦(おざわ ゆきよし)
生年月日:1974年6月6日
職業:俳優、タレント、コメンテーター
出身:アメリカ合衆国カリフォルニア州サンフランシスコ

あわせて読みたい記事↓

樺島彩アナの学歴、大学はどこ?結婚はしてる? [出典元:] 新しいアナウンサーがどんどん出来てきますね。 それはそのはず毎年採用しているわけですからね(;^ω^) そこで只...

あなたにおすすめの外部記事↓

小澤征悦&桑子アナ年内にも結婚 – Yahoo!ニュース