紅白の司会なぜ大泉洋と二階堂ふみ?選考理由・起用理由は?

2020年はコロナ一色の年になりました。
とにかく明るい話題をみんなが探していた年ですよね。
オリンピック・パラリンピックも延期になり、スポーツ界でも不祥事が相次ぎました。

そんな一年ではありましたが最後にはやっぱり明るい気持ちで「紅白歌合戦」を見てから年を越したいですね。
そこでこの度、司会に決まったのが、総合司会が4年連続で内村光良(てるよし)さん(56)NHKアナウンサーの桑子真帆アナウンサー
そして紅組の司会が朝ドラ「エール」で主人公の妻古山音役の二階堂ふみさん(26)と白組はNHK「SONGS」でもお馴染みの大泉洋さん(47)です。

スポンサードリンク

なぜ二階堂ふみさんと大泉洋さん?

毎年のことではございますが、紅白歌合戦で司会に選ばれる人がなぜこの人なんだろうと思うことがありますよね。

そこで今回の紅組・白組の司会である二階堂ふみさんと大泉洋さんがなぜ選ばれたかを徹底的に探ってみました。

ちなみに、総合司会になった内村光良さんは、朝ドラ「なつぞら」で主人公なつの父親でナレーションを務めたことに加え、早い安定感が抜群であり評価が高かったことから選ばれるているようです。

紅白歌合戦は、民法の歌番組にも押されて続けてきましたが、「紅白に戻る」という現象も起きており、老若男女問わず人気のある内村光良さんが選ばれていると考えられます。

スポンサードリンク

話を戻しまして
まずなぜ二階堂ふみさんが紅組の司会に選ばれたのか?

名前:二階堂 ふみ(にかいどう ふみ)
生年月日:1994年9月21日
職業:女優、タレント、写真家
出身:沖縄県那覇市
所属:ソニー・ミュージックアーティスツ

紅白歌合戦の実施本部長の二谷裕真・NHK制作局第5制作ユニット(音楽・芸能)ジャンル長は紅組司会の選考理由を次のように述べました。

 紅組の二階堂には「エール」のヒロイン役であることに加え「文筆活動や写真家としても活動され、多彩な才能を発揮されています。加えて『エール』では素晴らしい歌唱力も見せていらっしゃいます。紅組のリーダーとしてヒロイン・音さながらの力強いエールを送ってくださることと思います」 

二谷さんが述べているように朝ドラ「エール」で主人公の妻役をしております。
朝ドラで知名度が一気に上がり世間に知れ渡るように、どんなに知名度があってもそれが世代によってではダメ。

今回の二階堂さんは、大河ドラマ「西郷どん」で幅広い世代でその名前が知れ、今回のエールでその地位を確固たるものにしました。

つまり全世代を考えた時に今もっとも旬な女優であることが言えます。

そして二階堂ふみさんではないといけない理由が別にあります。
それは今回の紅白歌合戦のテーマ 「今こそ歌おう みんなでエール」なんです。

2020年はコロナウイルスにより世界が未曾有の事態に陥り、これまでにない暗い年になったため、テーマを「元気が出る」ものにしなくてはならない使命がありました。

そしてNHKとしては朝ドラが「エール」ということで、それを用い紅白歌合戦のテーマにしようとずっと考えていたはず。その場合は必然的に二階堂ふみさんになるようになっていたわけです。

スポンサードリンク

なぜ大泉洋さんが白組に選ばれたのか?

名前:大泉 洋(おおいずみ よう)
生年月日:1973年(昭和48年)4月3日
職業:俳優、タレント、声優、作家、歌手、コメディアン、ものまねタレント
所属:CREATIVE OFFICE CUE、演劇ユニットTEAM NACS

二谷さんは白組司会の選考理由を次のように述べています。

白組の大泉については「紅白では初めての司会ですが巧みな話術にユーモアのセンスは、みなさんもご承知の通り。毎週土曜、総合テレビで放送中の音楽番組『SONGS』では『責任者』という役柄のホストをお任せしていますので、紅白では白組の『責任者』のつもりでいただけたら、白組にとって最強の“エール”となるでしょう」

二谷さんが述べましたようにNHKの歌番組である「SONGS」に出演しており、安定の存在感を示しております。

そして一番の魅力は大泉洋さんのキャラクターと絶対的な 「会話力」が決めてと言えます。
「2020年だから大泉洋」と言ってもいいかもしれません。

どうしても2020年は「笑いたい」
しゃべりもうまくて、NHKの番組に出ていて、笑いをとれると言えば、大泉洋さんしかいないですからね。

まとめ

2020年は紅白歌合戦が始まって以来の「無観客」で行われます。
本当に厳しい年であり、経済の影響は計り知れません。
そんな中しんみり年越しを迎えるよりも、元気を出して新しい年を迎えたいですよね。

今回の人生は二階堂ふみさんと大泉洋さんで完璧な人選なのではないでしょうか。

紅白歌合戦楽しみにしましょう!

あわせて読みたい記事↓

今、巷のマダムたちを騒がせている人と言えばこの人「中澤卓也」さんです。 演歌歌手として人気になっていますが、カバー曲も大変人気とな...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする