スポーツ

サッカー韓国代表はなぜ弱かったのか。どうしてここまで差がついた。その理由を分析してみる。

2021年3月25日、横浜で韓国サッカーにおいて屈辱的な日となった。
永遠のライバルである日本代表に0-3で惨敗したのである。

札幌惨事に続き、親善試合でまたしても起きた救いようのない敗戦。
エースのソンフンミンやファン・ヒチャンがいなかったとはいえ、なぜここまでの大差、そして無気力だったのか。

今回は日本代表の出来はおいておき韓国側だけにスポットあてて考えてみる。

スポンサードリンク

親善試合はするべきだったか

この試合が組まれた時、多くの韓国サッカーファンたちが、この試合に対して否定的な意見を述べていた。

コロナ渦での開催、プレオリンピックとして日本に利用されているなど様々な意見が飛び交っていた。結局、敗戦後に韓国サッカー協会は謝罪した。

韓国側にも当然のことながらメリットはあった。
W杯予選前の一定レベルに達した相手とのマッチアップ、コロナ渦でできる貴重な試合。
しかし韓国サッカーファンはリスクがあると考えていた。

ソンフンミンの不在は響いたのか

今回の試合、正直言って点を取られる気配はほとんどなかった。
スペインで活躍するイ・ガンインを最前線に置く0トップフォーメーション。

韓国のベント監督は、イにマンマークがつくことを想定し、上下運動することで、スペースを作り、2列目の選手がそこを突いていくという狙いがあった。

しかしこの作戦はまったくといって効果がなかった。
ロングボールを送っても、日本のCBの吉田(189cm)と富安(188cm)の前では無意味に等しく、ほぼ何もできないまま前半で交代となった。

もしソンフンミンがいたらどうだったのか。

当然、そうすれば最前線にソンが入り、2列目にイが来る。
イは、ある程度はボールを受け、捌けただろう。

そしてソンとの縦関係でチャンスを演出できた可能性もある。
そこにファン・ヒチャンもいればなおさらである。

正直言うと、今回の韓国代表はタレント不足だった。

まとめ

過去の日韓戦でこれほどまでに、簡単な試合はなかったと記憶している。
危ないというシーンはほぼなく、取られることよりも、あと何点入るのかばかりが気になっていた。

そして一番気になったのが、韓国選手にまったく覇気がなかったということ。
勝ちたいという気持ちも感じられなかったし、がむしゃらさもまったくなかった。

妥当な結果だったと言っていい。

あわせて読みたい記事↓

転倒し昏睡状態だった元スキージャンプ金メダリストが目覚める。男子スキージャンプW杯で激しく転倒し、昏睡状態となっていた元五輪金メダリストのダニエル・アンドレ・タンデ(ノルウェー)が目覚めたことがわ...
サッカーの楽しい見方を説明します。TVとスタジアム編サッカーを楽しく見るにはどうしらたいいか。そんな見方を紹介させて頂きます。TV観戦とスタジアム観戦とではまったく違うのでこれも面白いところです。...