文化

鬼滅の刃、公開初日の興行収入がすごい!エヴァ健闘も鬼滅越えならず。アニメ映画のランキングを発表!

社会現象を起こしたアニメと言えば、日本中の誰もが「鬼滅の刃」と答えるだろう。
コロナ渦と重なり、世界が未知のウイルスに震えたこの時代において、この残酷なアニメが人々の心を癒したと言っても過言ではない。

公開初日から驚くほどの興行収入を叩き出し、鬼滅現象が日本中で起こった。
そして2021年、それに迫る勢いのアニメ映画が現れた。

2021年3月8日に公開された「シン・エヴァンゲリオン」である。
こちらも第一作は社会現象になったほどの人気のアニメ。新参者ではなく、実力者が新たな力を携えて再び現れたといったところだろう。

スポンサードリンク

興行収入歴代1位の鬼滅の刃の公開初日の興行収入は?!

なんと劇場版鬼滅の刃 無限列車編の公開初日の興行収入は「10億越え」!
とんでもない記録を打ち立てたのである!

映画が上映される前、コロナ渦の影響がどちらに出るかといろいろ議論されていた。
自粛という動きもあったため、同情する声も多かったが、ふたを開けてみれば超メガな記録を打ち立てたのである。

結局、コロナの影響が吉と出たと言われている。
しかし、コロナがなければもっとよかった可能性もあるので、この時期に公開だったことは幸運でもあり、正式な人気か測れないという部分では不運でもあったと言える。

ただ、鬼滅の刃が打ち立てた記録に異論の余地はない。

スポンサードリンク

初日健闘のシン・エヴァはどのくらいまで記録を伸ばせるのか?

公開初日で8億越えをしたシン・エヴァは最高のロケットスタートを切ったと言っていいだろう。

そこで気になるのが、興行収入で鬼滅を越えられるか?そこまでいかなくても、どこまで伸ばせるか、歴代何位に食い込むのかが気になる。

まず強みから考えてみると、第一作が社会現象を起こすほどのメガヒットだっただけに、その当時のファンは今でも相当な興味を持っていることは明らかだ。

まずはジブリ越えを達成することができるか。

スポンサードリンク

ジブリを含めた日本アニメ映画の歴代興行収入ランキング

2021年2月時点

  • 第10位:借りぐらしのアリエッティ/92.5億円
  • 第9位:名探偵コナン 紺青の拳(フィスト)/93.7億円
  • 第8位:風立ちぬ/120.2億円
  • 第7位:天気の子/141.9億円
  • 第6位:崖の上のポニョ/155億円
  • 第5位:ハウルの動く城/196億円
  • 第4位:もののけ姫/201.8億円
  • 第3位:君の名は。/250.3億円
  • 第2位:千と千尋の神隠し/316.8億円
  • 第1位:劇場版 鬼滅の刃 無限列車編/371.8億円

ちなみにジブリはTOP10に6つ入っている。
これをひとつひとつ越えていった先に上位が見えて来る。

まとめ

鬼滅の刃が大爆発した時、もはや幻の現象のように感じたが、今、シン・エヴァの初日が8億越えと聞くと、その記録はもしかしたら越えられるアニメが今後出てくるのではという期待が出てきた。

まだまだジブリも黙ってはいないだろうし、爆発力のあるアニメは多数存在する。
それらが渾身の力を振り絞り作った映画は、ひょっとしたら今後、日本中を再びアニメのビッグウェーブが包み込むのではないだろうか。

あわせて読みたい記事↓

スラムダンクの最新映画はいつ公開?【最新情報】なぜこの時期に決まった?その理由は?スラムダンク映画化決定!【最新情報】なぜこの時期に決まった?その理由は?最新映画の上映はいつ公開される?今、アニメが歴史的なほど人気となっており、人々の心に勇気と希望を与えている。そんなご時世で超人気アニメだったスラムダンクの映画化はインパクトのある出来事になりそうだ!...