スポーツ

格闘家はなぜYouTuberになるのか?世間はどう思う?試合に影響はないのか。否定的な意見も多数。

K-1、PRIDEなど日本中が格闘技に沸いていた時代は去ったが、また新たな時代がやってきた。那須川天心、武尊、朝倉海、朝倉未来、堀口恭司といったスターも生まれ、格闘技新時代が到来している。

そんな彼らに共通していることは、全員がYouTuberもしくは公式チャンネルを持っている。
そういう意味でも新時代と言っていいだろう。
そんな現代の格闘家に対して世間は否定的な意見も多い。

スポンサードリンク

格闘家がYouTuberであることポジティブ編

格闘家がYouTubeをやっていることに対して肯定的な意見も否定的な意見もある。
YouTubeは完全に何の制限もなく自分自身から発信できる。

当然、広告料を稼ぐことが出来、ここから多額の収入も得ることができる。
これはかなり大きなメリットであり、そのためいろいろな方法で「面白い」チャンネルになるように努力している。

当然、試合に対する思いやトレーニングも見たいし聞きたい。
勝利した試合の手ごたえや感触も聞きたいし、敗戦後の思い、くやしさ、言い訳なども聞くのは楽しい。YouTubeはこれらを完全・完璧に聞くことができる。

スポンサードリンク
しかし試合が頻繁にあるわけではなく、試合やトレーニングのネタだけでは続かない。
そのため、いろいろな企画を行いファンを増やしている。

ケンカ自慢の一般人を相手したり、アイドルをよんだり、対戦相手ランキングを話したり、様々である。

試合以外の格闘家の素顔を見ることが出来て、そこからファンになることも多いはずだ。
人間性まで見ることが出来て、見ていて本当に楽しいと思う。

格闘家がYouTuberであることネガティブ編

これは、ポジティブ編のまったく逆のことを言うことになるが、素顔を見え過ぎてよくないということである。

例えば、YouTubeがない時代は、試合以外の選手の素顔を見ることはほとんどない。
そのため、前回負けた選手がリベンジを果たす時のストーリーは試合自体とテレビが放送したドキュメンタリーを見てはじめてわかる。

負けた試合から、血反吐を吐くようなトレーニングをして再戦にたどり着き、激闘を制してリベンジを果たすというのは、本当に感動的である。

しかし格闘家がYouTuberになってからは、様々な見たくない場面が多々ある。

例えば、屈辱的な敗戦をした数日後に笑顔でケラケラ笑いながら、ドッキリをしたり、おバカな企画を行っている。その軽さがなんとも腹立たしい。
そんな簡単に敗戦を忘れられるんだと、苛立ちすら感じてしまう。

敗戦後、ストイックに次の試合のことしか考えていないと思っていた視聴者からしたら、”格闘家が死ぬか生きるかでやっている”と思っていたことが馬鹿らしくなる。

スポンサードリンク

YouTuberなのか格闘家なのか?

最近、テレビにYouTuberがよく出ている。
人気のYoutuberはYouTube上での芸能人のようなものだ。

YouTube上で人気になりテレビに進出するケースが多い。
そうなってくるともはや、YouTuberも芸能人としての存在となるため、境界線がどんどんなくなってきている。

格闘家でもそうだ。ほぼ全員のYouTubeチャンネルが大人気となっている。
シバターなどというどっちかわからないような存在の選手も現れ、スポーツとエンターテインメントが、ごちゃまぜになっていて真剣度、緊張感にも欠ける。

まとめ

YouTubeは選手の情報、素顔を見るという意味ではすごく良いツールであるが、真剣度、緊張感を削ぐような番組は好ましくない。
できるだけ良質な発信をしてほしいと切に思う。

あわせて読みたい記事↓

朝倉海、堀口の試合内容・展開を【徹底分析!】勝因・敗因は?なぜカーフキック?朝倉海、堀口の試合内容・展開を徹底分析!勝因・敗因は?なぜカーフキック?この試合で注目が集まったのは両陣営の戦略である。前回の一戦がお互いにどのようなイメージにつながったかも大きな要因ともなったと言える。...