芸能

ジャンポケ斉藤コロナ陽性!活動はいつから再開?濃厚接触者はメンバー以外で?

人気お笑いトリオのジャングルポケットの斉藤慎二(38)が新型コロナウイルスの陽性と分かった。活動はいつから再開するのか?そして斉藤慎二の濃厚接触者は?

相次ぐ芸能界の新型コロナウイルス感染で見えてくるもの。
軽率さと早期PCR検査という相対する行動。

スポンサードリンク

ジャングルポケットの活動再開は?

斉藤慎二は無症状ということなのでまず下記の流れとなる。

  1. 陽性確認の検体採取日から10日間経過した場合
  2. 検体採取日から6日間が経過した後、24時間以上の間隔をあけて2回のPCR検査で陰性が確認できた場合

保健所からはまず1月30日まで自宅待機を指示されているという。

上記より、2月10日あたりには復帰できることになると思うが、症状悪化や後遺症などで活動に影響が出る可能性もありため、慎重に様子を見ていく必要がある。

スポンサードリンク

濃厚接触者はいるの?

気になる斉藤慎二の濃厚接触者だが、メンバーのおたけ(38)と太田博久(37)もPCR検査を受けた結果、陰性であったとわかった。

その他の濃厚接触者の報告はないようである。

芸能人のコロナ事情

最近は連日のように芸能人のコロナ感染のニュースを目にします。
そして軽率な飲み会や会食も後を絶たず、大きな問題となっています。

芸能人のほとんどの感染理由が会食であり、行動に対して責任をもってほしいというのが世間の意見である。

その一方で、ほとんどの芸能人が無症状や軽症というのも注視する必要がある。
それは芸能人は無症状でPCR検査を受けているのである。

一般の人間であれば、なんの症状もない状態でPCR検査は受けないだろう。
しかし芸能人は、多くの人と接触する仕事であるために、事務所からもPCR検査に関して言われているであろう。

スポンサードリンク
そしてここから推測できることが、無症状陽性の人が山ほどのいるのではないかということである。

ほとんどの人が会社勤めであり、少なからず他人と接触している。
地方ならまだしも首都圏の陽性の人は相当数いると考えると、他人との接触はかなりのリスクを伴う。

おそらく、隠れ陽性の人は相当な数いて、感染が広がっていると考えられる。

まとめ

芸能人の軽率さとPCR検査の早さは一般の人も参考すべきところだろう。
とにかく、他人とできる限り接触しないこと。

あわせて読みたい記事↓

ワクチン冷凍庫の【製造メーカーはどこ?】輸送・移動・保管に優れた冷凍ボックス!待望の新型コロナウイルスのワクチンが日本でも2月中に優先順位の高い人から順次接種がはじまります。そもそもコロナワクチンはどのような順を追...