芸能

ジャニーズJr(ジュニア)年齢制限は【タッキーの決断?】オーバーした人はどうなる?契約解除?グループに所属できなかったら?

ジャニーズ事務所は2021年1月16日に、ジャニーズJr(ジュニア)は22歳で活動終了するという制度を導入したことを発表しました。
そこで年齢オーバーした人はどうなるのか?契約解除になるのか?もしグループに所属で着なかったらなどの疑問が湧いてきます。滝沢秀明ことタッキーが決断したことか?

今ジャニーズも転換期に入っていると言えるでしょう。
人気グループの解散やコロナの不祥事、そして退所問題など様々な問題を抱えています。
ジャニーズは大きく舵を切らないといけない時期に来ていることは間違いないです。

スポンサードリンク

ジャニーズJr(ジュニア)年齢制限設定はタッキーが決断したのか?

この発表はジャニーズ事務所としての決定ということであるが、実際はタッキーが主権者であったと推測ができます。

それもそのはず、現在タッキーはジャニーズ事務所の副社長であり、主にジャニーズJrのプロデュースを行う会社、ジャニーズアイランドの代表取締役でもあります。
※ジャニーズアイランドは、ジャニーズ事務所の子会社。

つまり実質、ジャニーズJrを最前線で取り締まっているトップはタッキーと言ってよいと思います。

スポンサードリンク
そしてタッキーはジャニーズJrに対して非常に細かく才能をチェックしており、SnowManも才能がありながら独り立ちしていない人材でグループを形成させて育てている強いて言えば親代わりなのです。

そんな手塩に掛けて育てていこうとしているグループが不祥事を起こしたりと、今のジャニーズの体制だったり制限に疑問を持ったのでしょう。

この決断は非常に正しいのではないでしょうか。
そもそもジャニーズJrとは「アイドルやタレントとしてデビューを目指すことが基本の立ち位置」つまりまだデビューしていない卵というのが本来のジャニーズJrの在り方です。

しかし実態は、ジャニーズJr時に人気になったり、ジャニーズJr内でグループが形成されたりと、育成なのかデビューしているのかイマイチ境界線がわからないような状況になっていました。

そこでこの度、育成期間というカテゴリーで22歳という年齢制限を設けることで、これまで以上の競争と自分自身の生活態度や紳士な気持ちをもって仕事に向かうという姿勢を出さなくてはならない環境にしたということとなります。

ちょっと気になるオーバーした人はどうなるのか?契約解除はある?

そこで気になるのが、まだジャニーズJrに所属していて、この設定年齢22歳を過ぎた人はどうなるかということでしょう。

まずこの制限開始となるのは2023年3月31日から。
そして安心してください。(ジャニーズの発表)

現状において、上記適用開始日に22歳以上のメンバーが所属するグループ及び一部の個人につきましては、すでにジャニーズJr.としての活動継続について弊社と合意させていただいております。

ちょっとほっとしましたよね。
このまま年齢をオーバーした人は契約解除にでもなってしまうのかなんて想像しちゃいましたよね。

ちなみに言いますと、2023年以降の制限開始以降に年齢が22歳をオーバーしてしまった場合は、ジャニーズ事務所とこのままジャニーズJrを続けれるかを話し合い合意した時のみ続行となるとされています。

グループに所属できずにいたとしたら、どうなるかと言いますと、まずそのままジャニーズJrとしての契約は解除になります。その後は個人で活動して勝機を見出していくということになると思います。

ジャニーズJr.冨岡健翔 (28)の考え方

ジャニーズ事務所で初めてとなる制限の設定、これは時代の流れであり、否定的なものはない。これからジャニーズ事務所に入る子たちの目安になり、しっかりとボーダーラインがあることで、目指すものやことがしっかりと鮮明になる。

冨岡健翔自身はジャニーズJrに所属し28歳となっています。
この状況を本心ではどう思っているかは本人しか知ることはできませんが、自分を応援してくれる人がいる限り頑張っていく決意をしています。

まとめ

冨岡健翔が言っているように、時代と共に変えていかなくては発展はありません。
それは時代と共に世界は変わっていきますし、常識も変わり、子供たちの性格も変わっていきます。

その時代時代に合う方法で最先端の育成をジャニーズにはしていってもらいたいです。
このジャニーズが揺れ動く現在において、強制的に強いリーダーシップで変えていく力は不可欠であり、タッキーの決断はすばらしいと思います。

今までボーダーラインがなかったジャニーズJrは、すでにデビューしている感が強かった。
しかし、ジャニーズJrは育成段階であるという強い意思表示をすることで、ここがゴールでなく、もちろんここからエスカレーター式にことが進んでいくものでもないということをそれぞれが強く抱きながら成長しようとするでしょう。

ジャニーズは若くして成功する人が本当に多いです。
実はそれってすごく怖いことで、小さな努力で大きな成功を手にすると、そこから落とされた時に現実を受け入れられない人間になります。

そこで待っているのはドラッグに手を出したり、自ら命をたったりという結末です。
ジャニーズはアイドルとしてよりも、若い子供たちの模範であるべきだと強く思います。

これからのジャニーズ事務所に期待しましょう。

あわせて読みたい記事↓

V6はどうして解散するのか?仲が悪いという説もあり!なぜ森田剛はジャニーズ退所希望?その理由。ジャニーズの人気グループがまたひとつ解散する。今度はV6だ! 2021年11月1日をもって活動を終了すると発表された。 いったい...
松本潤の大河主演は期待していいのか?【不安と大丈夫が入り混じる】 活動休止中、嵐の松本潤がNHK大河ドラマの主演が決まりました。 この話題に大きな期待と不安が入り混じっています。 果たして大...