自信をつける方法!自分に自信がない人の人生が180度変わりますよ。

自分に自信がないというと人は多いはず。
でも自分に自身がないということで人生の半分以上損していたらどうしますか?
しっかりとできることでも、「できないのでは?」「失敗するのでは?」ばかり考えているとできることでもできなくなってしまいます。

そこで実践したいのが、自分に自信を持つための訓練です。
これを成功させ、少しでも自分のことが好きになり、自分の能力や力、知恵、知識に自信を持つことができたら、その瞬間からあなたの人生は動き始めるはずです。

ではまず自分に自信がないとどんなことが起こるか紹介致します。

スポンサードリンク

自信があるとないとでは人生が180度違うものとなります。

健全な自信は大きな喜びを得るために最も重要な特性のひとつです。ありのままの自分を好ましく思い、尊び、受け入れることによって、自分にふさわしい幸せな人生が手に入るのです。
この記事では、自信をつける方法を少しずつ学んでいきたいと思います。

学校、友だちや仕事にかかわる経験などを含む人生経験は、自分についての感じ方や自己認識に組み込まれます。こうした経験が否定的なものだと、精神が傷つけられます。

たとえば、子どものころにからかわれたり、不健全な関係や精神的な虐待を経験したり、自分とは違う人間にならなければならないと感じたりすると、自信が大きく損なわれてしまうのです。

自信を持っていれば、わたしたちはより大きなエネルギーと熱意で人生と向かい合うことができます。目的が達成できる可能性も高くなり、決断しやすくなり、将来が楽しみに感じるようになるのです。

自分自身や夢をかなえる力を信じられるようになります。これは、ほかの人の信頼を得ることにもつながります。だからこそ、計画通りに物事が進まなくても人生の困難に立ち向かえるのです。

自信があると、コミュニケーションがうまく運び、その結果、ほかの人にとって親しみやすく、魅力的な存在になります。さらに、他者に受け入れてもらうことに頼らないので、拒絶を恐れなくなります。他人との間に必要な境界線を保つことができ、その結果、 より幸せで健全な関係が築けるのです。

スポンサードリンク

自信をつける方法を実践してゆきましょう!

ありのままの自分を好きになることから

肯定的な姿勢を持つ人は、ありのままの自分でいることに幸せや自信、心地良さを感じる傾向にあります。一方、否定的な考えは自信をむしばんでいきます。完璧主義や自己批判、否定的な心の声といった自滅的な癖に負けずに、肯定的な行いに目を向けましょう。

「わたしの自信ノート」をつけてみてノートに自分の長所、成果、肯定的な特徴を書きだしましょう。長所については、自分がもともとうまくできることに注目しましょう。成果は、自分が成し遂げたことで誇りに思うことならどんなものでもOK。

学位、親であること、最近の昇進などです。肯定的な特徴については、自分がどんな人間なのか、自分の特徴は何なのか考えてみましょう。思いつかなければ、信頼できる人にアドバイスしてもらいましょう。

スポンサードリンク

健康・外見に気をつかうことも大切

表面的なことだと思うかもしれませんが、運動やきちんとした食事を心がけ、服装に誇りを持ち、健康状態をよくすれば、自信が高まります。

胸を張って顔を上げて

ボディランゲージは、ほかの人の目に映る自分、自分の目に映る自分に大きな影響を及ぼします。腕を組んだり、肩を丸めたり、下を向いたりという姿勢は人を避けていることを意味します。こうした姿勢はやめて、背筋を伸ばして胸を張り、腕は脇に下ろして頭を上げましょう。すると人との交流が楽になり、自信を高める力も得られます。

健全な自信と思い上がりは大違い

謙虚であることは悪いことではありません。健全な自信とは自我を抑え、自分が知らないことに気づき、新しいことを学ぼうと心を開くことでもあります。思い上がるほど極端 な自信を持つべきではありません。思い上がりの裏には、自尊心の欠如など、もっと深い 問題が隠れていることが多いのです。

まとめ

あなたにはたくさんのいいところがあります。
劣っている部分もあるかもしれませんが、あなただからできることもあるはずです。
あなたがいることで助かっている人もたくさんいるはずです。

だから、それだけでもいいんです。自分に自信を持ちましょう。
失敗は誰もがすることです。失敗の分成長したと思えば、怖くないですよ。

さあ、この瞬間からあなたの自信がみなぎってきます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする