インプラント矯正の手術とは?リスク、デメリットも有?

インプラントが世に出てからどのくらいが経ったでしょうか?
歯をきれいにする施術としてはすごく優秀な方法で多くの方がやっています。
でもインプラント矯正の手術がどんなものかって、はっきりとはわからないですよね。

いいこともたくさんありますし、リスクやデメリットもあるんです。
と言われてもなかなかピンとこない人も多いと思いますので、簡単ではございますが、説明させて頂きます。

ではまずインプラントってそもそもどんなものなの?

スポンサードリンク

インプラントってどんな手術?

インプラントは、歯肉を切開して、内部の歯槽骨に歯科用ドリルで穴を開け、そこにチタン製の人工歯根を埋め込む一連の術式を言います。そもそも「インプラント」とは、人工歯根の名前ですが、現在は人工歯根から歯の代替となる上物の冠術式までを指すようになりました。埋め込んだインプラントが、歯槽骨にしっかり生着(骨にくっ つくこと)するまでには数カ月を要します。

「誰にでも、顎のどの部分にでもインプラントを埋め込めるわけではありません。高齢で骨がもろくなっている患者さんには適さないので、そんな方には入れ歯を採用します。また、手術前にはCTやX線で顎を立体的に確認しますが、見た目が大丈夫そうでも、下顎に比べ上顎の骨は軟らかいし、骨が薄い部分もあるので、場合によっては できないこともあります」

骨量が不足していたら、特殊なメンブレン (膜) を使った再生療法で骨量を補完するGBRという療法を行うこともあります。これには半年ほどか かります。
インプラントが生着したら、冠の土台となるアバットメントをねじ留めし、その上に冠を載せたらでき上がりです。埋め込みからでき上がりまで、 3カ月~1年くらいかかります。
ただし、インプラントが生着するまで数カ月間 も歯のない状態でいられない場合は、インプラントが完成するまで、部分入れ歯を利用してもいいでしょう。

あるいは、特に目立つ部分の歯では抜歯後すぐにインプラントを入れる「即時型」もあります。仮の冠を装着し、生着を待つ術式はとりあえずの見栄えにはよい方法です。
「前歯は目立つので、即時型の術式を望む患者 さんは多いのですが、一般的な方法よりも感染症のリスクが高くなるのでお勧めはできません。

ただし、実施する場合は仮の冠を装着し、噛み合わせによる負担がないよう、慎重に形を整えます」
インプラントを襲う周囲炎。 定期的なメンテナンスを!
インプラントは人工の歯だから虫歯にはなりま せん。とはいえ、日々の手入れや医師による定期的なケアを怠り、不衛生な状態を放置すればインプラントの周囲に炎症が起こります。これをインプラント周囲炎といい、インプラントの普及に伴い世界中で大問題になっています。しかも、インプラントには神経も通っていないから、異変が起 きても自覚症状に乏しいので、本物の歯よりも注意が必要なのです。

インプラント周囲炎はひそかに進行し、ぐらつき始めたインプラントは元に戻せません。定期的 な受診で早期発見に努め、レーザー治療で進行を 止めるなどしなければなりません。

スポンサードリンク

歯を残すために取り組むべきこと。

「虫歯のできやすさには、遺伝の影響もありま すが、まずはしっかりと予防することです」
食べ物の残りかすが口の中にあると、ミュータンス菌のエサとなって、歯垢ができます。やがて ミュータンス菌は歯垢をすみかとして、食べ物の残りかすから、酸も作るようになります。

その酸が歯を溶かし、虫歯になるのです。そんなメカニ ズムを断つには、とにかく歯垢を口の中に長く残さないことにつきます。 「歯磨きは食事のたびに行ってください」
歯磨きに加えて、健康な歯の持ち主でも1日1回はデンタルフロスや歯間ブラシを使って、歯ブ ラシの届きにくい歯と歯の隙間、歯と歯肉の境目などもじっくり掃除してください。

「ブリッジをしている人は、汚れやすい冠の下 の隙間を、歯間ブラシで掃除しましょう。歯間ブ ラシの太さには種類があるので、どのサイズが適切か、歯科医に相談してください。冠の方は歯ブラシで構いません」 「手磨きでは取り切れない歯垢は、実は振動に弱いので、音波や超音波を発するタイプの電動歯ブラシもお勧めです。

「強烈なジェット水流で口の中を洗ってくれる口腔洗浄器は、歯ブラシでは届きにくい隙間を水流で掃除できるので、ブリッジをしている人に特にお勧めできます」
そういった道具を使うことは、毎日の歯磨きを 楽しくする効果もあります。
掃除しにくい箇所だけを治す 成人向け歯列矯正があります。

スポンサードリンク
歯並びに問題があって、歯磨きがしにくい箇所があったり、噛み合わせが悪い場合、その部分だけを矯正する限局矯正歯科治療(LOT)を行うことも有効です。
「歯間ブラシが使いにくい、歯周病の懸念される箇所にお勧めしています。一般的には歯を1本だけ抜いて、スペースを確保し、その歯列に矯正装具を装着し、時間をかけて歯並びを直していきます」

噛み合わせの不具合いに対しては、いろいろなテクニックがありますが、基本はむやみに削らないことです。
「歯ぎしりや食い縛りが強いと、歯を支える歯根膜に大きな負担をかけ、歯を失う原因になるだけでなく、顎の関節にも異常が起き、肩こり、片 頭痛、鬱などの症状の出ることがわかっています。 その場合には、就寝用のマウスピース(ナイトガ ード)で噛み合わせに関わる筋肉をリラックスさせ、食い縛りなどを改善します」
また、2~3カ月に1回は受診し、検査とクリ ーニングを受けるのは、これからの常識です。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする