芸能

【深刻】深田恭子の適応障害の病状!治るまでは治療優先。重い症状と復帰のメド

人気女優の深田恭子が適応障害のため、しばらく活動を休止することになりました。
いったい彼女に何があったのでしょうか。

まずは治るまではしっかりと治療に専念してほしいと思います。
重い症状になってくるとなかなか完治が難しくなるので早い対処が必要になってきます。

まずは体をしっかりと休ませ、心と体を安定させたのちに復帰のメドが立つこととなります。

スポンサードリンク

深田恭子の適応障害の状況は?

 

まず、適応障害というのは、ある特定の「場所」や「こと」「行動」などに対してつらく、耐え難く感じられる病気を言います。

直接的にそのことに抵抗があってその症状になることもありますし、過去の何かのトラウマでなることもあります。

決して軽い病状ではないと思いますが、「うつ」のような何事にも意欲がないような症状ではなさそうです。

スポンサードリンク

深田恭子の適応障害は早く治すべき

ある特定のことというと、パニック障害も似たようなことで発作が起きます。

自分のトラウマや怖い経験などにリンクされた場所やことを経験するとパニック発作がでます。パニック発作は人それぞれですが、重い場合はかなり深刻な症状となります。

痙攣、気絶などが起きることもあります。
このような重い症状になる前に、治しておくべきです。

スポンサードリンク

まとめ

うつやパニック障害は、一度なると完治が本当に大変です。
一生治らない人も少なくありません。

しかし適応障害であれば、そこまでの深刻さではないので、ここでまずゆっくり休み、適応障害程度のうちに治すべきと言っていいでしょう。

しかし治療をせずにずるずるストレス状態を長引かせていると、うつやパニック障害などの重い症状になる可能性もありますので、そうならないように注意してほしいですね。

人気女優としてこれからも頑張ってほしいので、まずは休んください。

あわせて読みたい記事↓

RIKACO(リカコ)のめまいは「うつ」「パニック障害」の可能性も!自律神経の病気は続く。タレントのRIKACO(リカコ)(54)がこの10年の精神的ストレスや闘病について語った。自律神経の乱れにより、めまいが激しかったという...