スポーツ

【画像・動画】フェリペカルドーゾ、槙野に侮辱、不適切な行為!処分軽い!中指立て頭突きにキック

デンベレ・グリーズマンにも失望しましたが、今度はJリーグで品位を欠く行為が話題となっています。 「ベガルタ仙台」に所属するフェリペ・カルドーゾ選手が槙野選手に対して侮辱・不適切行為を行いました。

中指立てだけじゃなく、頭突きやキックもあったと言います。
では見ていきましょう!

その行為があったのは2021年7月3日のベガルタ仙台VS浦和レッズ戦でのこと。

スポンサードリンク

フェリペ・カルドーゾが槙野に侮辱・不適切な行為

フェリペ・カルドーゾが仙台に加入したのは今シーズン。
今回の浦和戦はJリーグ5試合目。

フェリペは西村に代わってピッチへ。

槙野とやりあったのは92分のことでした。ボックス内でイエローカードが出されました。
この時、槙野はかなり起こっていました。

今回の行為に対してベガルタが声明を出しています。

「同行為につきましては、
リスペクト精神を欠くものであり、
Jリーグからの厳重注意を厳粛に受け止め、
改めて当クラブから当該選手に厳重注意をいたしました」

では槙野が激怒した行為とはどんなものだったのでしょうか。

スポンサードリンク

ネット上の意見と世間の反応

厳重注意で済むのならばサポーターがやっても厳重注意ですよね。
ならば埼スタではみんなで中指を立てても厳重注意で済みますよね。
そうでなければ不平等です。

毎回毎回思うけど処罰が甘すぎ
罰金プラス試合出場停止とかそのぐらいやらないと分からないと思いますよ。

中指立てたら厳重注意で済むのか?じゃあ過去に中指立てて数試合スタジアム出禁になったベガルタサポがいるけど、それはどうなんだよ。本当にJリーグはよく分からないな。

スポンサードリンク

侮辱・不適切な行為とは?何をしたの?動画あり

フェリペ選手、中指を立ててしまったんですよね。
そして、フェリペ選手がやったのはこれだけじゃなかったんです。

実際は、槙野選手に頭突きとキックも食らわしているんです。

状況を解説致しますと
浦和陣内で仙台のチャンス。フリーキックの際にフェリペに槙野がマークにつきました。

そのフリーキックは精度を欠きましたが、その際のポジション争いでがっちりとマークされていたフェリペが槙野をキックして倒しました。

立ち上がり怒り心頭の槙野に今度は頭をぶつけました。

仙台の処分が軽すぎて批判殺到!

中指だけならまだわかります。それに加えて頭突きとキック。
ジダンじゃないんですから!

そんな暴力行為に対してベガルタ仙台の処分はというと、、、。
なんと厳重注意だけなんです!え!!ですよね。

この処分が軽すぎるため、ネット上では批判の嵐となっています。

フェリペ・カルドーゾ プロフィール

本名:ヴァンデルソン・フェリピ・カルドーゾ・ドス・サントス
(Wanderson Felippe Cardoso dos Santos)
線年月日:1998年10月4日
出身:ブラジル
所属チーム:J1リーグ・ベガルタ仙台所属
ポジション:FW

まとめ

スポーツマンシップにのっとっていない行為に対してはしっかりと処分が下されないといけません。一律の決まり事をしっかりと決めるべきだと思います。

あわせて読みたい記事↓

デンベレ、日本人差別は誤訳?真実?】侮辱も含めて事実をひも解くまたサッカー界で差別的な発言があり話題となっています。 そのサッカー選手は強豪バルセロナの人気選手の「ウスマン・デンベレ」と「アントワ...