まずはここから!渓流の始め方〜餌釣りで大量ゲットで感覚を知ろう〜

こんにちは。
ブログをここまで進めてきまして
だいぶわかってきたと思います。
そして実際にもうなんどかフライ
フィッシングをやられたと思います。
どうでしたか?釣れました?

まだ釣れていない人もいると思います。
そもそも最初の一匹が釣れるまで、
本当に渓流で釣れるのか?って思い
始めると思います。
なので、まず渓流でどんな釣り方でもいいので、
一匹釣った方がいいですよ。
と、言っても簡単に釣れないのが渓流です。

そこでまずミミズで釣りに行きましょう。
渓流というと、イクラとかが餌だと思って
しまうのですがなんだかんだでミミズは万能です。
そう考えると、下流から渓流まで川の釣りは
ミミズだけで大丈夫ということですね。

ミミズだけ持って釣りに行こう!

それではつい先日、実際に行ったミミズで
大量のイワナを釣り上げたお話です。
このポイントは以前からずっと釣れていたので、
釣れる保証付でしたので安心^_^
あえて不安があるとしたら熊がよくでるということです。
しっかり鈴を2つ付けましたよ笑

では、川に入りゆっくり登って行きましょう。
この川はかなり狭く、かなり上まで登っていくと、
ほぼお風呂みたいなところで釣る感じになります。
そんなところで大きなイワナがつれると感動なんです!!!!!!

では、深みをゆっくり探っていきましょう。
フライフィッシングのように投げるのではなく、
そ〜っと糸をポイントに垂らします。
もちろんそこにイワナがいても釣れないことがあります。

フライフィッシングでも使う「あわせ」と
いうことばのように魚の口に針がかかったら
素早くサオを上げ引きます。
このタイミングを逃すと、釣ることはできません。
今回のターゲットはイワナですが、ヤマメはよりあわせが難しいです。
では、どんどん上がっていきましょう。

見える見える^_^
いいかたのイワナが見えますよ!!
慎重にイワナの目の前にミミズを垂らします。

そうするとすっと近づいてきて、一瞬パクっと
食った瞬間にすばやくサオをあげます!
「ググググっ!」っと引くのであとは釣り上げるだけです。
こんな感じであっというまに6匹釣りました。
最高に気持ちのいい釣りでした。

やっぱり釣りは、かかった時の「グググ」が
一番快感を感じます。
あれを楽しむために釣りをやってると
言っても過言ではありません。
釣り方は違うにせよ、渓流で釣ることができると
「釣れることをイメージ」できるんです。

これを最初から難易度の高い釣り方で
やって釣れずに諦めるのであれば
どんな釣り方でもいいので、まず釣れる
ことを確かめた方がいいんです。

とにかくこの感覚を味わったらもう渓流の
世界から抜け出せなくなると思います。
最高に気持ちのいい瞬間ですから。

ここからは番外編です。
渓流は超がつくほど楽しいけれど、
危険もたくさんあります。
危険だから楽しいとも言えると思います。
では、渓流の危険ポイントを紹介させて頂きます。

沢を登るということ

とにかく渓流、正確に言うと
渓谷は危険がいっぱいです。
でもなぜそんな危険なところへ
いくのかというと、それはもちろんは、
危険と楽しいは隣り合わせだからです^_^

では渓谷を登っていきます。
まず、一番身近にある危険は石で転ぶこと。
これは渓流に限ったことではないですが、
石についたコケがとにかく滑るんです。
すべって川にジャブン!てなることはよくあります。
川にジャブンならまだいいのですが、
すべて石に体をぶつけることもありますので
とにかく注意が必要です。
シンプルにこれが一番多い怪我だと思います。

その2、
入川もしくは、川幅の狭い渓谷をあがる時に、
枝をかき分けていくことがありますが
この枝に刺さることがよくあります。
特に目にささると大変です。なので僕は
渓流にいくときは専用のメガネをかけていきます。
注意しましょう。

その3、
渓流は流れがきつく岩盤の地形が水で
削られてなめらかなスロープが形成されて
滑り台のようになっていることがあります。
この傾斜をまったく登れないことがあります。
足にちからを入れ、踏ん張って登ろうとすると、
踏ん張った分の反動で
一気にすべり流されることがあります。
そのため、沢登りの際は靴の裏に金属の
スパイクがついたものを使用するのがオススメになります。

その4、
あきらかな崖を登る時の転落です。
渓谷を上がっていくと、かなり高い確率で
滝に出くわします。その滝を登る際に、
滝の横をのぼることがあると思います。

岩のこともありますし、土のこともあります。
土の場合は比較的危険度は高くありませんが、
硬い石だったりすると少しでも気を緩めると、
つるっとすべり落下します。
低い崖ならいいのですが、これが高さのある崖だと
かなり大きな怪我になる可能性があります。
ご注意ください。

その5、
そして最後に注意して頂きたいのが、熊。
そうそう出くわすものではありませんが、
私の住む街ではしょっちゅう熊情報が
回ってきます。

この前は、車で近くの湖に行ったら、
前からおじさんが歩いてきて、
「そこに熊がいましたので気をつけてください」
と言われました。結構身近に熊を感じて生きています。
しっかり熊対策をして渓流にいきましょう。
そんな感じでまず一匹釣りましょう!
渓流の最初の一匹は本当に釣り人生で貴重な一匹になりますよ。

あわせて読みたい記事↓

いつもありがとうございます。コージです。 仕事場が川の近くで帰りによくのぞいて いくのですが、鮎釣りのおじさんが 毎日のように...
こんにちは。 三度のご飯よりフライフィッシングが 好きなコージです。 でも三度のご飯も捨てがたいですね笑 渓流魚ならなおさら...
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする