フライ選びがわからない人のために〜まず投げてみました!〜

フライなげなげコージです。
今日も楽しくフライフィッシングの
お話をさせて頂きます。
フライフィッシングをはじめて、
ちょっと楽しいと思いはじめると、
どんどんいろんなことが知りたくなってきます。

そこでいろいろ調べたり、動画を見たりして
学ぼうとするのですが、なかなか自分の状況と
一致するのって出てこないんですよね。
本格的すぎたり、川の状況が違ったり、、、。
そこで今回は、初心者が一番簡単にフライを
選べるようになる方法をお伝えしたいと思います。

結局一番いい勉強は、自分がフライフィッシングを
する川で、試すことがベストなんです。
今回も中流域でやります。
渓流は、あとのお楽しみにしましょう。
では、今回も魚が見える深みに投げてみましょう。

持っているフライを全部投げてみましょう。

今回は、フライをこまめにかえて魚が
どんな反応をするか見てみましょう。
まだ、フライ自体ほとんどお持ちではないと
思いますが、セットで安いものを購入されたの
であれば、5種類くらいはお持ちではないでしょうか。

2個でも3個でもいいです( ^ω^ )とにかくフライを
持っているものすべて投げてみましょう!
そうすると、微妙に反応が違うことに気づくかもしれません。

ハヤは基本、フライを落とした時にすぐ反応してくれますよね。
ここはありがたいです。(^^)
中流魚のやさしさですね。渓流はもちろんもっとシビアです。
でも焦らず、中流でまず修行です。
話を戻します。
フライ別に反応が違いましたか?

そもそもフライって?

フライには、水面で浮く「ドライフライ」
沈む「ウェットフライ」「ニンフフライ」
など、他にもいろいろあります。

まだこの段階で細かく知っていなくても
いいのですが、浮くものと、沈むものがある
くらいはわかっているといいですね。
そして色の違うもの、大きさ、形のちがうものがあります。

フライも、ルアーと同じく疑似餌です。
つまり何かを模しているわけです。
水生昆虫だったり、カゲロウだったり。

魚はもちろん、何でも食べるわけではありません。
そして食べたいときもあれば、食べたくない
ときもあります。それは天気にもよりますし、
気温にもよります。季節にも。

そうです^_^
フライフィッシングは、ちょうどその時、
その魚が食べたいものをフライとして川に
入れて釣るんです!わくわくしますよね^_^!

投げてみて、反応がいいものと、
そうでないものがあったと思います。
それは、今その魚はそれを欲しているか
どうかの差なんです。おもしろいですよね!!
これを試していると、魚の生活をちょっと知れた気分になりますよ。

そのときどきで違う魚の欲を読み取る。

ちなみに梅雨前から夏にかけての快晴時、
僕がやってみて1番釣れたのは、
ドライフライの白のものでした。
魚の気持ちはわかりませんが、フライをしっかりと
特定の生き物として食べるのか、なんとなく
生き物っぽいくらいで食べるかはわかりません。

そして、夕暮れ時も白はよくて、ダークなものは
あまり反応がよくありませんでした。
いかがですか?
おもしろくないですか!

フライによって魚の反応が違うことがわかったら、
今度は、天気、気温、水温、季節、環境を考え、
今ベストなフライを選べるようになりましょう。

でもこれはかなり上級なので、まだまだ楽しいと
おもえるフライフィッシングをやっていきましょう!
そして川の状況はそれぞれ違うので、
まず自分のいる川で試しましょう。

動画を見て投げるフォームのイメージや、
仕掛けの作りかたなどの情報収集をし、
繰り返しになりますが、とにかく自分の
いる川でどんどん投げてください。
楽しみましょう!

あわせて読みたい記事↓

雨が続くと釣りに行けずちょっとナイーブになります。 こんにちは!コージです。 本日で3回目の更新となります。 いつもお付き...
こんにちは。 はじめましてコージです。 5歳の娘と奥さんの3人で田舎生活をしております。 最近、晴れた休日はだいたい フ...

本日のフライフィッシング用語です。

「ヤマメ」
前回のイワナに続き、今回も渓流魚です。
実は、僕はヤマメが大好きです。
模様も好きですし生息している場所が
イワナほど渓谷ではなく、かといって中流域にはいない。
なんかその状況判断していきている感じがすごく好きなんです^_^

ヤマメは漢字で書きますと山女魚と書きます。
なんだかしなやかな名前ですね。
ヤマメはサケ科サケ属の渓流魚です。
北海道全域から本州の日本海側全域と
神奈川県以北の太平洋側、九州の熊本県以北の
東シナ海側、大分県以南の太平洋側。

陸封型をヤマメと言い、降海型をサクラマスと言います。
稚魚と陸封型には、体側にパーマークという稚魚紋が
ありますが、成長するにつれてこの文様が
なくなるものが多いです。
また、降海直前の若魚は銀色になり、
ギンケ、ヒカリと呼ばれます。
北海道では、ヤマベ、九州ではエノハなどの
地方名を持ちます。

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする