芸能

江頭、体調不良!病名は?精神的なもの?もし過労ならその理由は?なにがあった?コロナの感染はなし。

体を張った芸で人気のお笑い芸人の江頭2:50(55)が体調不調を理由に一時的に芸能活動を休止することを発表した。

新型コロナウイルスへの感染はないという。
復帰に関してはまだ未定である。

ただ、単純に体調不良と言っても様々で、うつなどの精神的疾患や過労なども考えられる。

スポンサードリンク

動画では江頭に代わりスタッフの「ブリーフ団」が登場。「実は江頭さんが体調不良になってしまい、3日間入院しました。今は退院し、自宅療養中」と説明。江頭の手紙を代読し「心配かけてごめんな。ちょっと忙しくしてたら体にガタがきた。神様がくれた春休みだと思って少し休ませてもらうことにした」とのメッセージを伝えた。

江頭の病気は精神的なもの?

そもそも江頭のイメージって、、、気持ち悪い!嫌われ者!
などが一般的な世間の印象だろう。

しかし、江頭に関わらずYouTubeが世に出始めてから、そのイメージを覆す人がたくさん現れ始めた。それはよいことでもあるし、イメージを崩すというものでもあるためなんとも言えないのだが、、、、。

YouTubeは、テレビのように数社から選んで見るものではなく、個人の発信を見ることが出来る。その人間の素を垣間見ることもできるし、テレビよりも規制がないため、面白いものは星の数ほどある。

そう、江頭はYouTuberとしても大成功を収めており、今後の放送も大いに期待されている。

実は、江頭を知らない人は、気持ち悪いで終わっているイメージ。
しかし、実はとてもいい人であることも知られている。

東日本大震災の時はいち早く支援物資を届けている。しかもトラックを借りて自らである。熊本地震の時も同様。

スポンサードリンク
そんな江頭は結構ナイーブな面もあり、YouTubeのおかげで爆発的に露出が増えた一方で誹謗中傷も増え、それにストレスを感じ、精神的な疲労を抱えた可能性がある。

YouTubeのネガティブな一面

皆さんがご承知のように、YouTubeは個人が発信することのできる画期的なWEBメディアである。有名人であれば、一気にフォロワーを獲得することも難しくなく、テレビに変わるメディアとして注目されている。

テレビではその人にどんなにニーズがあってもテレビの放送に限られるが、YouTubeは自由に発信できる。

つまり世の中からニーズのある人は、テレビよりもよほど効率の良い発信媒体となる。

テレビどんなに嫌われていてもその人が誰かから好かれていれば、その番組にニーズがあるということになる。

スポンサードリンク
しかし落とし穴もある。露出が増える一方で、批判も爆発的に増えることになる。
おなじWEB上のものなので、書き込みやつぶやきは蔓延し、ネガティブなものを続けば、その本人にはかなりの負担がかかると言っていいだろう。

コロナの可能性はゼロ?

もちろんコロナの可能性がゼロとは言わないが、このご時世で隠すことはあまりにもリスクが高すぎる。他の芸能人の感染した場合、どんどん公表しているので、心のやさしい江頭が隠しているとは考えずらい。

まとめ

とにかく早い復帰を期待したい。

今や、出川同様にニーズがある江頭は、世間から欲している存在になっている。
早く復帰して元気な顔を世間に見せてほしい。

あわせて読みたい記事↓

マリエと紳助、出川、やるせなす騒動の真実は?事実はなくうそか。訴えた動機はなに?モデルのマリエが元タレントの島田紳助から関係を迫られ、そこに同席した出川哲郎ややるせなすからそれに応じるように説得されたと自身のインスタ...