読書することのメリットは?得られる効能はなに?

本を読むことに幸せを感じている人ってたくさんいますよね。
そしてその人って、どうしてかすごく生き生きとしていて幸せなオーラが出ているんです。
たぶん読書することでハリが出るのかもしれませんね。

読書をすることで本当に多くのプラスな要素があることがわかっております。
科学的な検知をそうですが、本当に面白い本に出合った時ってすっごく幸せに包まれますもんね。そんな本とまた出合いたいものです。

そんな「読書すること」のメリットや得られる効能をお伝えしてゆきたいと思います。

スポンサードリンク

本を読むとテレビを見るはまったく正反対の影響を及ぼす。

ここ30年くらいの間、最も一般的な娯楽といえば読書でした。最近では娯楽の形が、良い本を読むことからテクノロジーへと着実に変わってきています。全米芸術基金(NEA)や全国教育統計センター(NCES)の統計によれば、アメリカの成人のうち文学作品を読んで楽しむ人は半数未満(&パーセント)です。
一方で、定期的に読書をすると、脳の健康や精神衛生に驚くほどの効果があります。テレビのようなほかのメディアと比べると、読書のプロセスは能動的で、脳のさまざまな部位にかかわり、神経学的に見てもかなり多くのものが求められます。その結果、頭が良くなり、年をとっても頭の回転が衰えず、物忘れを防ぐことにもなります。

たくさん読めば読むほど、語彙や一般常識が増え、字を正しく書く力や言葉を流暢に話す力が高まるというのも不思議はありません。さらに、本や長い記事を長時間読むことによって、集中力や注意力も養われます。

読書にはストレスを和らげる力があるのに対して、ほかのメディアはストレスを強める 傾向があります。テレビやインターネットの場合、一度にかなりの注意力を働かせることが求められますね。それと同時に気をそらすもの、雑音、目まぐるしく動く映像が大量に入ってきます。

一方、長時間にわたる読書では、高い集中力を持続することが必要です。ロンドンにあるサセックス大学マインドラボのデヴィッド・ルイス=ホジソン博士は、読書がストレス反応にどのような影響を及ぼすかを実証する研究を行っています。

さまざまなテストや課題を与えることによって被験者のストレスレベルや心拍数を上げ、その後6分間だけ読書をします。その結果、読書によってストレスレベルが下がった被験者は全体の8パーセントに上り、中には実験を始める前よりもストレスレベルが下がった例も見られました。
読書には創造力を高める働きもあります。新しい概念や考え、情報について読むと、想像力が働き、現実の世界においても独創性が増します。本や物語には、登場人物や 風景などの長い描写がありますが、想像力や創造力を働かせることによって、それらが頭の中で生き生きと浮かびあがるのです。

社会的な側面から見てみると、読書はより豊富な知識を持った、魅力ある人物を作り上げます。
楽しむジャンルが小説、伝記、ノンフィクション、自己啓発書など何であれ、常に新しい知識や洞察力、ほかの人に話すことのできる新しい何かが得られるのです。

スポンサードリンク

読書術を身に着けて普段の生活に取り入れよう!

まずは本を読む時間を作りましょう!

1日のうちで読書をする余裕がありそうな時間帯に、5~20分の時間を確保しておきましょう。夜、寝る前に本を読むと緊張がほぐれます。
選ぶのは純粋に読みたいものだけ読みたいと思う本や記事を選びましょう。

義務感から本を読んでも、楽しむことはできません。本を読み始めて何日も集中できなかったり興味が持てなかったりした場合は、その本をやめて、もっと楽しめそうなものを読むようにしましょう。

新しいジャンルにチャレンジ

新しいジャンルを試して視野を広げることも大切です。新しい概念や情報、語彙に接することで学ぶことが増えるだけでなく、新しい興味を抱くきっかけにもなるのです。

電子書籍はどこでも読めて便利

さまざまな機器や電子書籍端末が登場し、外出先での読書も以前より楽にできるようになりました。いつでも、瞬時に本や雑誌、新聞をダウンロードできるのです。同時に何冊かを並行して読むタイプの人であれば、自分の蔵書全部を持ち歩くことも可能ですね。

本を持ち歩く習慣を

読書量を増やす最も簡単な方法は、読むものをいつも持ち歩くこと。バッグや車に本や雑誌、電子書籍端末を入れておきましょう。たとえば病院などで5分ほど空き時間ができ たら、いつでも読書ができます。
居心地の良い場所を見つけたら 「気をそらすようなものがない居心地の良い場所を見つけます。公園のベンチでも、海辺でも、木陰の草の上でもかまいません。飲み物―緑茶やラテ、ワインや軽い食べ物を用 意しておくのも良いですね。

目標冊数を決めてみて

決まった時間枠で決まった冊数の本が読めるように目標を立てましょう。たとえば、1 カ月に2冊とか1年に1冊と決めておくのも良いでしょう。どんな目標でもかまいません が、1現実的で2読書の楽しみを失わないようなものがいいですね。義務ではなく、読み
という気持ちを持ち続けることが大切です。さらに、読んだ本について、所要時間や 想などを記録するのもおすすめです。----ブレット・ブルーメンソール----

スポンサードリンク

まとめ

ゆっくりとした時間の中で本の世界に入るとふわっと幸せに包まれます。
この時間の普段の生活に取り入れれば一日のうちで一回は幸せになれるわけです。
こうやって少しでも自分時間を作ることを心がけましょう!

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする