健康

ワクチンで死亡したら4420円支給の詳細!保証・障害年金も!その判断基準は明確なのか?

ワクチンの接種で死亡した場合に国から4420円が支給されることが決定した。
死亡でなくても介護状態や重い影響があった場合も障害年金として一定額支給される。
そこで問題として発生するのがワクチン接種での景況の判別である。

スポンサードリンク

コロナワクチンで死亡したら。

ついに新型コロナウイルスのワクチンの救済制度が成立した。

ワクチンを接種して、その副反応で死亡した場合は、国から予防接種健康被害救済制度により4420円が支給される。

医療機関側の過失の有無にかかわらずとしているが、これは、世界的に未知のウイルスとの闘いであり、ワクチンもいわば突貫で作られたもの。
判断基準が乏しく医療機関も確固たる自信を持って、医療行為ができていない。

そのため、上記のように過失などがあったとしても、4420万円は支払われるということだ。ちなみにそれに加え葬祭料として20万9千円も給付される。

スポンサードリンク

死亡でなくても保証あり

死亡しなくても、介護が必要になった場合は、障害年金として505万6800円(年額)が支払われ、在宅の場合は年額で84万4300円が加算される。

まとめ

ワクチン接種がはじまり、国も脇を固め始めた。
大きなドラブルなくワクチン接種が進んでいってほしい。

あわせて読みたい記事↓

コロナ後遺症は【治るのか?いつまで続く?】症例は何か多い?息苦しさに注意!感染予防を検証!マスクの効果は? 毎日のようにコロナ感染者が増えています。 今、コロナ後遺症が問題となっています。症状は治るのか、いつまで続くのか。 めまいや...