医療・健康

amin(アミン)の【死因、病名】は?病気と戦った3年余りでの訃報。経歴・略歴

哀しいニュースが入ってきました。
日本でも活躍していた中国人歌手のamin(アミン)さんが闘病の末、7月29日に死去したことがわかりました。48歳の若すぎる別れです。

 

aminさんは2005年のNHK紅白歌合戦にも出場するなど日本でも人気のアーティストでした。闘病期間は3年を余りです。

aminさんのご家族は、aminさんの公式ホームページで訃報を報告しました。

スポンサードリンク

「このたびは、とても辛いお知らせをしなければなりません。歌手amin(巫慧敏)は、3年余りの闘病の末、2021年7月29日(木)15:55 永遠の眠りにつきました。ここに、生前の御厚誼を心より感謝いたしますとともに、謹んでお知らせ申し上げます」

そして

「故人は、最期の日まで、前向きに生きる気力を強く持ち続けました。誰にも知らせることなく、一生懸命、一生懸命、一つひとつ勉強をしながら、頑張って来ました」

と臆することなく一生懸命に闘病していたことも報告されました。

aminさんの死因・病気の病名はなんだったのでしょう

aminさんは病気のことを公表していなかったのですが、調べたところ「癌」だったようです。最初の発見時にすでにステージが高かったか、もしくは再発したか。

闘病が3年ということから推測すると、恐らくは癌が発見された時点でステージが高かったと推測されます。

例にあげると乳がんだった場合(がんには色んな種類がありますが一般的なもの)、ステージ2くらいでは3年でなくなるということはかなり少ないです。

癌の種類まではわかりませんが、発見が遅くそこから抗がん剤や放射線を繰り返し頑張っていたと予想できます。

スポンサードリンク

コロナ禍での葬儀はどのように?

葬儀については、aminさんの本人の意向と、このご時世を考えた結果、家族のみでのお別れ会となりました。

御香典、御供花などは辞退し、お気持ちのみ頂くとしております。

aminさんが亡くなってから関係者やファンに報告が遅れたことに対して、

「これまでお世話になった皆様、お一人お一人に御挨拶申し上げるべきところ、誠に勝手ながら、故人の遺志をご理解頂ければありがたく思います。重ね重ね、どうもありがとうございました」

ということでございました。

最後は

「これからも、歌手amin(巫慧敏)の歌声が、ずっとずっとみなさんの心に残りますように、心から願います。2021年7月31日(土) 家族一同」

と結びました。

スポンサードリンク

aminさんの死に平原綾香ショック!

歌手の平原綾香さんは、この訃報を聞き、

「あまりにもショックで、どう言葉にしていいか分かりません。aminさんとは、私のデビュー当時からご縁をいただいていて、会うたびにいつも優しくしていただき、歌声やお人柄も素晴らしく、いつも尊敬していました。そしていつも、可憐なお花のような方でした。上海万博でも一緒に歌わせていただき、今でもあの経験は忘れられないもので、かけがえのない時間をいただきました」「『あやちゃん、またぜひ、一緒に歌いましょうね!』

そんな日が来ることを楽しみに待っていた矢先の訃報だったようです。

aminさんと出会えて本当に本当に幸せでした。これからもずっと、aminさんが大好きです

などと追悼した。

ネット上の意見・コメントと世間の反応

私の姉も先日、乳がんで亡くなってしまった。歳はaminさんより
少し上だが、約4年あまりの闘病生活の末であった。亡くなる3月前に電話で会話した際には、詳細は語らなかったが、まだ生きたい・やりたいことがあるという意思が感じられた。まあ、自分も余生の半分以上を生きたところで、何をすべきか考えております。(お墓のこと・家族には苦労かけないこと)。

私はまったく知りませんが 紅白まで出られた方が 残念です。 私も年を取りましたがさみしい気持ちと身内でも突然の別れが多くて20代30代では味わったことのないさみしさ悲しさと体の老化 できる範囲で働けることがありがたいことです。
歩けることが当たり前のように考えていたけどそれが当たり前じゃないのに気づくときがあります。

他、ほとんどが「残念」「悲しい」というaminさんを惜しむコメントばかりです。
本当に優しくて素敵な人がまたひとり旅立ってしまったと思います。

aminさんが通っていた病院

3年の闘病中に通っていた病院に関しての詳しい情報は公表されていません。

とにかくあまり人に闘病に関しては打ち上げず、人知れず頑張っていたのが印象的です。

aminさんのプロフィール

名前:amin(アミン)本名: 巫慧敏(ウー・フイミン、Wū Huìmǐn)
生年月日:1973年1月15日
出身:中国上海市
職業:シンガーソングライター

aminさんの経歴・略歴

やさしさに包まれたような声で心に染みました。
フォークからオールドジャズまで歌いこなす歌手でした。

「amin」を感じにすると「阿敏」
本名の「慧敏」の幼少期の呼ばれ方に由来しています。

活動の拠点は日本・東京と中国の上海で、日本で有名になったのは2003年のサントリー烏龍茶のCMソングです。本当に癒しの声が印象的でした。

2005年に「愛・地球博」を機に結成された松任谷由実のYUMING with Friends Of Love The Earthにも参加しました。

2007年には日中国交正常化35周年 ファイナルコンサートに参加し、2010年は上海国際博覧会の開会式コンサートにて中国代表として出演しました。

そして中国語の講師という一面も持っており、東京、福岡で中国語の教室をおこなっておりました。

まとめ

日中の懸け橋になるような人だったので本当に残念で仕方ありません。
最近、韓国でも反日が強くなってたりしますが、みんながそうではありません。

日本が大好きな韓国人も中国人もいます。

そんな人たちをつなぐ役割の大切な人でしたね。
ご冥福をお祈りいたします。

あわせて読みたい記事↓

堀ちえみの症状・現状は?余命・生存率は?まれながんで治療はどう?堀ちえみさんの症状・現状はどうなの?余命・生存率は出ているの?そんな気になる堀ちえみさんの今の状況をお伝えします。まれながんで治療はどうかも紹介したいと思います。...